【最新版!】フィリピンの主要水道会社15選〜建設・インフラ・環境業界〜

philippines-water

今回は、フィリピンの主要水道会社に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて15社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要水道会社10選〜ローカル編〜

Manila Water

1997年に設立。民間企業としてマニラ東部の上下水道の独占運営権を所有し、特に23の市と市町村からなるメトロマニラのイーストゾーンとリサール州で、700万人を超える人々に水と使用済みの水道サービスを独占的に提供している。また日英投資企業と協力しており、セブや国外ではベトナムでも水道事業を行う。

2020年の同社のレポートによると、純利益は2019年の55億PHPからヘリ45億PHP、連結売上高は2019年の219憶PHPから213億PHPとなっている。

また同社は最近、「アセットトリプルAサステナブルキャピタルマーケッツカントリー&リージョナルアワード2020」において企業部門のベストサステナビリティアワードを受賞した。同社の5億ドルの持続可能性債券は、国際資本市場における同社初の債券発行となる。

出典: https://www.manilawater.com/corporate/about-us/our-story

Maynilad Water Services

1997年に設立された、上下水道サービスプロバイダー。民間企業としてマニラ西部の上下水道の独占運営権を所有し、メトロパシフィック・インベストメントとDMCIホールディングスの合弁会社が運営、20%の株式を丸紅が所有している。フィリピン政府から25年間の独占的譲歩を与えられ、 2037年7月31日までの継続延長が決まっている。

2019年の年次報告書によると、収益は237億PHP(2018年度は217億PHP)、純利益は77億(2018年度も77億PHP)となっており、近年の成長がうかがえる。

2021年、同社は配水システムをアップグレードして合計173kmの古いパイプを交換することを目指しており、コンセッションエリアのさまざまな部分でのパイプ交換プロジェクトに18億ペソを投資している。これが完了すると、交換されたパイプの全長は2,869キロメートルになり、2007年の民営化後13年以上前に同社が継承した配水システムの72%に相当する。

出典:https://www.mayniladwater.com.ph/our-company/

Mactan Rock Industries

1983年に水処理薬品を専門とする工業薬品メーカーとしてスタートし、現在はビサヤ地域、ミンダナオ地域を中心に水の配給や水処理などを提供しているプロバイダー。会社が成長するにつれて、軟水器、脱塩剤、イオン交換樹脂の取引を開始し、わずか5年で包括的な上下水処理会社に成長した。

最近同社は、セブで初めて導入される浄化システムを建設した。

これは、セブのコンポステーラにある10MLD水処理プラントにて実用化された。1日あたり12,500立方メートルの処理プラントで、地表水を利用・変換して清潔な飲料水を提供するという傾斜板ラメラ浄化システムである。

傾斜板ラメラ浄化システムは公共水道で使用するために英国で承認された製品とプロセスの1つであり、高効率の浄化システムとして知られている。これによりコットコット川の地表水を利用し、消費者に安全で清潔な飲料水を提供することを目指す。

出典:https://www.facebook.com/MactanRockPhils/about

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

Pilipinas Water Resources

2007年4月にフィリピンのセブ市に設立され、地元の水道区がサービスを提供していないセブ市と州でレベルIIIの水供給業者としてスタートした。セブ市政府との合弁事業でセブ市内のサウスロードプロパティーズ(SRP)にバルク水淡水化施設を設立した経緯を持つ。

同社は利益を維持できるようにするには、製品とサービスが社内外の顧客とコミュニティの期待に一貫して応えることを保証するシステムが必要であることを認識しており、公共の福祉とその事業運営を保護および保護するために、さまざまなフィリピンの規制当局によって義務付けられている品質および環境管理システムの要件を満たす管理スキームを確立している。

出典:http://www.pilipinaswater.com/about.html

Metropolitan Cebu Water District

メトロポリタンセブの4つの市と4つの町に水を供給するために、政府が所有・管理する企業として1975年に設立された。2018年12月の時点で、同社は1日あたり232,000立方メートル以上を生産し、セブ、マンダウエ、タリサイ、ラプラプの各都市のサービスエリアで19万世帯以上にサービスを提供している。

同社は最近水価格の引き上げ提案を行い、利害関係者から反対意見を表明されている。これは間もなく建設される3つの個人所有の淡水化プラントから淡水化水を供給し始める際、料金引き上げを実施する必要があると消費者に警告したことに端を発した。

同社の提案では水10立方メートルごとに現在の180PHPから300PHPへの値上げとなっており、Covid-19のパンデミックに苦しむ地域住民にとって深刻なリスクをもたらすことが懸念されている。

出典: https://www.mcwd.gov.ph/

Leyte Metropolitan Water District

1975年にレイテ地方の水システムの運用と管理を支持する国家政策として宣言する修正された大統領令(P.D.)198の規定に従って設立された水道会社。

当初レイテエリアの各自治体をカバーする3,365の水道事業者にサービスを提供しており、2016年12月の時点で、33,832の世帯に供給固定されている。供給の大部分はプラント1とプラント2からであり、毎日約60,000立方メートルの飲料水がLMWDサービスエリアに供給されている。

近年のニュースとしては、2019年に25年間の官民パートナーシップ(PPP)を通じて、この都市と近隣の町の水システムを完備するための推定61億4000万ペソの投資を目指し、 水処理プラントの修復と拡張、古いパイプの交換、新しいパイプの設置、セプテージ管理の設定、および水の損失に対処するための水システム全体の修復を開始した。

出典: https://www.lmwd.gov.ph/about.html

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

The Local Water Utilities Administration

地方水道局(般的にはLWUAと呼ばれる)は、1973年に設立された政府が所有および管理する企業(GOCC)であり、メトロマニラ以外の地方都市および地方自治体における給水システムの開発を促進および監督するために法律で義務付けられた専門の貸付機能を備えている。

LWUAは、公共部門であれ民間部門であれ、水地区の給水プロジェクトが投資収益率を生み出すことを可能にする財政的、技術的、制度的開発能力を備えた唯一の貸付機関である。

同社は田舎の給水開発を単なる金融ベンチャーや単なる上水道建設プロジェクトとしてではなく、とりわけコミュニティの経済的および文化的ニュアンスを考慮に入れた包括的な開発努力として扱い、包括的な専門知識を通じて、フィリピンの田園地帯の給水開発を現在のアジアの実用モデルに変えることを目指している。

出典:https://lwua.gov.ph/about-us/

Balibago Waterworks System

1958年アンヘレス市のバランガイバリバゴとマバラカットの町のバランガイダウで構成される900ヘクタールのフランチャイズエリア内で、効果的な水道ユーティリティシステムを取得、確立、開発、管理、運用するために設立された民間企業。公共の利便性証明書(CPC)を国から付与され、指定されたエリア内にて上水道システムを運用する。

現在同社は20万世帯以上に水道水を提供している。国の優先目標の1つである田舎の飲料水供給の改善を追求するために、国家水資源委員会(NWRB)と緊密に協力しており、National Water Resources Board(NWRB)から、同社は国内で最大かつ最も効率的に運営されている州の民間水道システムと見なされている。

最近、 フィリピンで最大かつ最も幅広いマルチチャネル決済プラットフォームであるCIS Bayad Center,Inc.とパートナーシップ契約を結び、顧客への支払いの利便性を向上させた。

出典:https://www.bwsi.com.ph/company-history

Subic Water

90年代にオロンガポ市で差し迫った水危機と、活況を呈しているスービック湾フリーポートゾーンの商業用水需要の高まりを考慮して設立された。東南アジアのパイオニア企業であり、上下水道サービス業界で最初の官民パートナーシップ(PPP)、ビルド-オペレート-アンドトランスファー(BOT)モデルを導入した。

同社はDMCI(フィリピンの建設会社)、Sembcorp Industries Ltd(シンガポールの水道事業)、オロンガポ市政府、スービックベイメトロポリタンオーソリティ(SBMA)。MayniladWater Services Inc. のコンソーシアムである。

最近同社はMorong Power and Water Corporation(MPWC)とともに、スービック湾フリーポートとバターンのモロンの町の間の境界バルブを開くことにより、バルク給水契約に関するシステム試験を実施した。この合意に基づき、同社はその供給を5 MLD(1日あたり100万リットルの水)増加させる。

出典:http://www.subicwater.com.ph/company/

Bohol Water Utilities

2000年に設立され、証券取引委員会に登録されている企業。ボホール州のサービスエリア内に24時間給水を提供し、大量給水を手配することで近隣の自治体にサービスを拡大することと、主に水資源のリハビリを目的として組織されており、水システムを運用および保守している。

同社のカバーするエリアであるボホール州は観光地として有名なパングラオ等などを有しており、不十分な水供給と高電力料金という2つの大きな問題を抱えている。

新鮮で飲用に適した水の供給は、パングラオ島の地元の人々や企業のニーズを満たすのに十分ではないため、同社はひっ迫する水不足に対し迅速な対応を求められている。

出典: https://www.boholwater.com/corporate-information/

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要水道会社1選〜日系編〜

水ing

1929年に荏原製作所として設立、2011年に商号を「水ing」に変更している。浄水場、下水処理場事業を行う企業で、三菱商事や日揮が出資し、東京都水道局が技術提携している。

2019年度は773億円(国内外子会社含む)で、2020年7月時点で従業員数 は国内外子会社を含めて4,600名となっている。

フィリピン国内においてはODA(政府開発援助)による上水・下水の公共インフラ施設を中心に、海外に展開する日系企業の工場向け用水・排水処理設備などを、設計、資機材の調達、工事から、納入後の運転・維持管理まで、ワンストップで提供している。

最近同社は袖ヶ浦薬品事業所内で使用する電気を、グループ会社が建設・運営している消化ガス発電施設「守谷バイオガスパワー」が発電した再生エネルギー電力に100%切り替えた。

出典:https://www.swing-w.com/company/overview/index.html

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要水道会社4選〜外資系編〜

Veolia

フランスの水メジャー。ヴェオリアグループの子会社であるヴェオリアウォーターテクノロジーズ(VWT)が、フィリピン国内において飲料水または廃水処理プラント、および産業用または地方自治体の顧客向けのより小型の標準化された水処理装置を設計および提供している。マニラ、セブに計3拠点がある。

同社グループはすべての大陸で事業を展開しており、約179,000人の従業員を擁し、根本的な変化をもたらすのに役立つ水、廃棄物、エネルギーの管理に役立つ具体的なソリューションを設計および提供している。

2020年、ヴェオリアグループは9,500万人に飲料水を、6,200万人に衛生設備を提供し、約4,300万メガワットの時間を生成し、4,700万トンの廃棄物をリサイクルした。

また、Veolia Environnement(Paris Euronext:VIE)は、2020年に260億1000万ユーロの連結売上高を記録した。

出典: https://www.veoliawatertechnologies.com/en/about-us

Hyflux

シンガポールに本社を置く水処理企業。水とエネルギーの分野に焦点を当てた持続可能なソリューションのグローバルリーダーとして、コミュニティと産業の資源最適化と持続可能な成長に貢献する費用効果の高い革新的なソリューションの提供に取り組んでいる。

アジア太平洋、中東、アフリカ、南北アメリカにまたがる事業とプロジェクトを展開しており、アジア初の統合水力発電プロジェクトとシンガポール最大の廃棄物発電プラントを開発している。

グループの実績には、シンガポール初の水リサイクルプラントと2つの海水逆浸透(SWRO)淡水化プラント、およびア世界最大のSWRO淡水化プラントが含まれる。

出典: https://www.hyflux.com/about-us/

ACCIONA Agua

世界30国以上に水事業を展開する水メジャー。スペインに本社を持ち、2016年に東南アジアで2つ目の拠点となるフィリピンに支社を開設している。

同社は、フィリピンでの最初のプロジェクトである、2つの飲料水プラントの設計と建設、および最初の1年間の稼働期間中の運用に関する9千万ユーロの契約をした。

プラントの容量は1日あたり100,000メトリックトンで、1日あたり150,000メトリックトンまで拡張可能。マニラの大都市圏の約600万人に飲料水を提供している。

この契約において、MayniladWater Services Inc. は、同社と地元企業のJardineElectricControlなどからなる合弁事業と契約を結び協業している。

出典: ttps://www.acciona.com/updates/news/acciona-enters-philippines-90-million-contract-drinking-water-plant/?_adin=02021864894

K-Water

1967年に設立された、韓国の公営水道会社。韓国の包括的な水資源開発を主導する主な責任を負う政府機関であり、水資源の包括的な使用と開発のための施設の建設・管理、首都圏水道局(工業用水道局を含む)の建設と管理、地元の上水道と下水道の委託業務、そして水関連の再生可能エネルギー施設の建設、運営、管理におけるスペシャリストである。

フィリピン国内においてはSan Miguel Corporation(SMC)の関連会社となっており、2017年にアジア水道評議会(AWS)とメトロポリタン上下水道システム(MWSS)が同社と協業し、メトロマニラの全体的な水セキュリティと廃水管理システムを改善するために関係を強化するための締結を行っている。

また2016年にはSMCの子会社であるSMC Global Power Holdings Corp.とK-Waterが共同所有するAHCが10億ペソのアンガットダム修復プロジェクトの建設を開始した。

出典: https://mwss.gov.ph/asia-water-council-k-water-president-firms-up-ties-with-mwss/

フィリピンの水道業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-school

    【貧困問題と向き合う】フィリピンの学校業界

  2. philippines-beverages

    【砂糖税の影響は?】フィリピンの飲料業界

  3. philippines-warehouse

    【Eコマースの導入】フィリピンの倉庫業界

  4. 中国 衛星開発

    【中国の衛星開発】政府と民間企業の動向を解説

  5. philippines-childcare

    【家庭状況の変化に合わせて】フィリピンの保育業界

  6. philippines-electricity-gas

    【最新版!】フィリピンの主要電力・ガス会社15選〜建設・インフラ・環境業界〜

  7. philippines-securities

    【海外からも注目を集める】フィリピンの証券業界

  8. philippine fashion

    【日本との深い関係】フィリピンのアパレル業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy