【最新版!】フィリピンの主要航空会社7選〜運輸・物流業界〜

philippines-airshipping

今回は、フィリピンの主要航空会社に焦点を当て、ローカル・外資合わせて7社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンの空運業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要航空会社6選〜ローカル編〜

Philippine Airlines(フィリピン・エアライン)

歴史:1941年フィリピン航空として設立、1946年第二次世界大戦後に業務を再開した。1947年マニラ・サンフランシスコ便、ヨーロッパ便就航などにより東南アジアで最初に航空会社としての地位を獲得した。その後60年代台北・シンガポール、70年代にヨーロッパに単独就航便、1977年所有権がGSISの国へ管理権が移動する。

1970年代後半から1980年代に中国や世界各国への航空ラインを確立した。1989年にボーイング737を運行。1998年にアジア危機で大幅に航空機を減少させたが、2000年純益を4420万ペソを出し好転した。リハビリ2年目に4億1900万ペソの利益を確保した。2005年にA320エアバス14機を発注した。

2007年6月140ミリオンUSDの純利益を出し、同年8月に航空機9機、6機リース、5機のオプション契約をした。2009年PALエクスプレスを引き継ぐ。2012年SanMiguel CorpがPALホールディングスの49%を500ミリオンUSDで買収した。

2012年8月、70億USDで54機のエアバス注文、同年9月さらに10機のエアバスを注文した。(フィリピン史上最大の航空取引)2014年9月LucioTanGroupとSanMiguel Corpは売却契約を行う。PALは、全日空とコードシェアを共有する。2015年5月数年間の赤字経営から好転し、包括利益で8500万USDドルとなる。

パンデミック:2020年末パンデミックの影響で、2021年6月にフィリピン航空の親会社PALホールディングスが記録的な損失を出し、リストラ計画を準備している。COVID-19のパンデミックが世界の航空セクターを襲​​った後、2020年に記録的な730億ペソ(15億1000万ドル)の損失を計上した。これは前年の7倍に増加した。

増資:2019年の世界で最も改善された航空会社に選ばれた。米国を拠点とするAirlinePassenger Experience(APEX)協会は、PALを2020年の4つ星の主要航空会社と評価した。2020年以降、フィリピン航空(PAL)は、持続可能な収益性と競争力の向上への転換の一環として、認可資本を130億ペソから300億ペソに増やした。

航路:フィリピンのフラッグキャリアであるフィリピン航空(PAL)を通じて、フィリピン国内およびフィリピンとさまざまな国際目的地との間の乗客および貨物の航空輸送を行っている。PALは、国内のジェットルートと国際および地域のポイントに飛んでいる。PALのルートネットワークは、フィリピンの約30のポイントと、40を超える国際的な目的地をカバー。

PALの国際ルートネットワークは、パートナーのPAL・Expressが運営するネットワークを含むPALの国内ネットワークは、PALは41の国内空港と58の国際空港との間で運航している。ベース マニラニノイアキノインターナショナル 航空機(61機) 通常時:目的地(76ヶ所)ルート(117)毎日のフライト(137)PALは、その子会社であるPAL Expressとともに、各種合計91機保有。

持株会社:PAL Holdings、Inc。(PAL)は、1930年5月バギオゴールドマイニングカンパニーとして設立。2007年1月、SECが、社名変更PAL Holdings.,Inc.を承認した。その主要子会社が、フィリピン航空である。

出典:https://www.philippineairlines.com/en/aboutus

PAL Express Airline(PALエクスプレス)PALex

概要:設立: 1995年2月13日(エア・フィリピンなど)マニラのパサイ市に拠点を置くPALエクスプレス(旧エアフィルエクスプレス)は、エアバスとボンバルディアの航空機を含む艦隊を運航し、国内の目的地の広範なネットワークに飛んでいる。PAL Expressは、Lucio Tan Groupの一部であり、フィリピン航空の姉妹航空会社である。

PAL Express(旧AirPhilippinesまたはAirphilExpress)は、AirPhilippinesCorporationの商号で運航している航空会社。マニラ、セブ、ダバオ市、サンボアンガから国内および国際的な定期便を運航している。主な拠点とハブ:ニノイ・アキノ国際空港、マクタン・セブ国際空港、クラーク国際空港、フランシスコ・バンゴイ国際空港、サンボアンガ国際空港。

航空機:エアバスA321ceo、エアバスA320、エアバスA320-200 V1、エアバスA320-200 V2、ボンバルディアQ400 NextGenを配備している。

歴史:格安運行のAir Philippines Corporation(APC)の名前で、1995年2月にフィリピンに設立され、1996年2月1日に商業運転が開始された。フィリピン航空またはPALエクスプレス(PALex)が買収、しばらくはAPCの名前で営業、1999年Lucio Tan GroupofCompaniesがPALexの管理を引き継いだ。

Lucio Tan Group of Companiesの参入は、PALexが乗客に低コストサービスを提供し続けることを可能にした。この航空会社は、最初はフィリピン航空、次にAir Philippines Corporationとして何度もブランド名が変更された。買収後、姉妹会社であるフィリピン航空とルートを割り当てている。

しかし、2013年3月、名前をPALExpressに戻すことを発表した。フィリピン航空のコードシェアパートナーとして、PALExpress は低コストモデル内のフルサービスキャリアとして運営している。2014年、PALexはIATA運用安全監査レジストリに含まれた2番目のフィリピンの航空会社となる。

親会社:PALホールディングスは、取締役会が株式交換取引を通じて既存の株主からズマホールディングスマネジメントコーポレーションの株式を取得することを承認したと発表した。取締役会は、ズマホールディングスの1株に対するPALホールディングスの19株の株式交換比率を承認。

ズマホールディングスはPALエクスプレスの99.97%の株式を保有しており、取引後、PALホールディングスは間接的にPALエクスプレスを子会社として所有している。PALホールディングスは、2017年2月にフィリピン競争委員会の承認を得た後、買収プログラムを進めている。PALホールディングス買収→ズマホールディングス99.97%所有→PALエクスプレス

フリート数:グループで91機を配備している。

出典:www.philippineairlines.com
https://phi.com.ph/our-business-pal-express/

セブパシフィック航空(CebuAir.,Inc.)

概要:1988年8月26日にセブパシフィック航空(CebuAir)は設立された。同社は、フィリピンのマニラ首都圏パサイ市にあるマニラ国際空港(マニラターミナル3)を拠点とするフィリピンの格安航空会社である 。航空会社は、国内および海外の目的地への定期便を提供している。

その主な拠点は マニラ国際空港であり、マクタンセブ国際空港、 クラーク国際空港、 カリボ国際空港、 フランシスコバンゴイ国際空港 、 イロイロ国際空港にハブがある。同社は、アジア太平洋地域の20か国の38の国内目的地と30の国際目的地に就航している。フィリピンで最も広範なルートネットワークを持っている。
フリートとして、CEBは2019年を75機で終了し、8機のエアバスA330CEO(現在のエンジンオプション)、30機のエアバスA320CEO、7機のA321CEO、5機のエアバスA321NEO(新エンジンオプション)、4機のエアバスA320NEO、13機のATR 72-600、7機のATR 72-500と1機のATR貨物機を配備している。

公開企業:セブパシフィック航空(CebuAir)は、企業グループの持ち株会社として1990年11月に設立されたJGサミットホールディングス(コングロマリット)の子会社である。2010年10月、航空会社は発行済み株式の30.4%のIPO(上場)をした。

パンデミックの影響:2020年で赤字、収益 下降 PHP 226.2億ペソ(US $ 465.21百万円)(2020年)当期純利益 下降 222.4億ペソ(US $ -457.36百万)(2020年)従業員 6,498(2018)、目的地空港:62(子会社を含む)

アライアンス:セブパシフィック航空は世界最大の格安航空会社アライアンスである「バリューアライアンス」の創設メンバーで、メンバーであるシンガポール航空のスクート、韓国のチェジュ航空、タイのノックエアとノックスクート、タイガーエア、タイガーエアオーストラリア、日本のバニラエアに格安航空会社のネットワークで加わる。現在、航空連合のメンバーである唯一のフィリピンの航空会社である。

出典:https://www.cebupacificair.com/

フィリピンの空運業界 業界地図はこちら!

セブエア株式会社(Cebgo)

歴史:「セブパシフィック航空」の商品名で運営されている航空会社であるセブエア株式会社(Cebgo)は、1988年8月26日に設立された。2005年、最先端で格安航空会社のビジネスモデルを採用した。その戦略は、乗客に手頃な価格の航空サービスを提供することである。

同社は、1991年に国際および国内航空輸送サービスを運営するための40年間の立法フランチャイズを付与された。Cebgoは1996年にマニラからセブへの最初の国内線を開始した。国際運航は2001年にマニラから香港のフライトで始まる。2014年1月、 セブパシフィック航空が、タイガーエアフィリピン全体を1450万米ドルで買収した。

2015年5月、タイガーエアフィリピンは、親会社であるセブパシフィック航空の完全子会社としてのタイガーエアフィリピンとの関係を反映し、セブゴー(Cebgo)へのブランド変更を行った。現在、Cebgoは、国内72路線と国際41路線からなる路線網を運営しており、毎週合計3,376便の定期便が運航されている。

概要:Cebgo.,Inc.は、フィリピンにサービスを提供する格安航空会社である。SEAir.,Inc.およびSouth East Asian Airlines.,Inc.の後継会社である。Tigerair Philippinesのブランドでチケット販売をしている。1995年に操業を開始、そのフランチャイズは2009年5月13日にフィリピンの国会によって認可された。

親会社であるセブパシフィック航空の關係で、バリューアライアンスのメンバーである。主な拠点とハブは、マクタンセブ国際空港、ニノイアキノ国際空港である。サウスイーストアジア航空からリブランド(1994-2013)、TigerairPhilippinesからリブランド(2013-2015)Cebgoへリブランディングを行った。

設備など:15機 目的地フィリピン国内空港30ヶ所

出典:www.cebupacificair.com

エア・スイフト(AirSWIFT)

概要:AirSWIFT(旧ITI Air)は、フィリピンが所有する地域の航空会社であり、国内の定期および非定期航空輸送サービスの運営を許可された。また、関連会社にEl NidoResortsの航空機輸送会社がある。ブティック航空会社として、お洒落で上質なサービスを提供している。

サービスエリアは、フィリピン国内空港のマニラ、セブ、クラーク、カティクラン、コロン、タグビラランからエルニドへの往復フライトを毎日提供している。今後、カティクラン(ボラカイ)、ブスアンガ(コロン)、シアルガオ、セブ、タグビララン(ボホール)に拡張する。

主な拠点とハブ:ニノイアキノ国際空港、エルニド空港拠点とハブとしている。ATR 42-500、ATR 42-600、ATR 72-600と小型航空機を使用しながらブティック形式の上品な航空サービスを提供している。フリートは4機、目的空港はフィリピン国内8ヶ所をサービス提供している。

歴史:2002年にITIフィリピンとして設立された同社は、3機のリースされたドルニエ228航空機を運用してきた。2013年の初めまでに廃止され、ATR42に置き換えられた。アヤラキャピタルコーポレーションが2012年にITIの所有権を取得した。2015年10月、ITIはAirSWIFTとしてブランド名を変更した。

エアスイフトは、AirEnergiとSwiftWorldwide Resourcesという資源系の会社が合弁することで誕生したブランドで、アヤラがフィリピンで航空会社買収のために2002年に設立されたITIフィリピンを買収した。これら系列会社の歴史は、それぞれ1979年と1982年から2016年までそれぞれ競合として運営されてきたが、2016年戦略的合弁を行った。

フィリピンの財閥アヤラが、フィリピンでの航空運営のために旧会社を買収した。現在、エアスィフトはエルニドからマニラとセブへのフライトを毎日運航している。同社はパラワン島のエルニド(エルニド空港)でプライベート空港を運営しており、ハブとして機能している。

出典:https://air-swift.com/

スカイジェットエアライン(SKYJET AIRLINES)

概要:スカイジェットエアラインズとして運営されている旧名マグナムエア(スカイジェット)社は、フィリピンでマニラ初のブティック航空会社であり、2012年12月14日に定期的な商用便を開始マニラ~バスコルートを最初の運航を開始した。同社は、グループ旅行者や観光客がバタネスを訪問するためのチャーター会社としてスタートした。

スカイジェットはまた、ハイエンドの会員限定アイランドクラブであるバレシン島のゲスト向けのチャーター便を開始している。設立: 2005年、サービス開始は2012年12月14日、主な拠点とハブは、ニノイアキノ国際空港である。航空機は、British Aerospace Jet 146-100、British Aerospace Jet 146-200を使用している。

目的地で運航およびフリート:バスコ空港、カミギン空港、フランシスコB.レイエス空港、ニノイ・アキノ国際空港、サンビセンテ空港、サヤック空港、2019年7月の時点で、スカイジェットエアラインフリート航空機、ブリティッシュエアロスペース146-100x2機、ブリティッシュエアロスペース146-200x2機、ATR 72-500x1機合計5機の内、1機は修理、実働4機である。

歴史:2005年9月にスカイジェットエアラインズを設立した。フィリピン民間航空公社(CAAP)が、2012年8月3日に、国内および国際の定期航空路線を運航するための一時的な航空会社の証明書(AOC)を会社に付与した。2013年2月15日マニラからパラワン島のブスアンガへの定期便を週4回開始した。

2014年4月14日にマニラからカティクラン空港を経由してボラカイへの定期便を開始する。2017年1月、スカイジェットは2017年2月24日にシアルガオ島へのフライトを開始すると発表。2019年5月6日、スカイジェットはマニラからミンダナオ島の島の州であるカミギン島への定期便(火曜日と水曜日を除く)を開始した。

2020年1月18日、航空会社は2020年3月29日に島へのフライトを再開すると発表したが、2020年3月15日、同社は、COVID-19パンデミックコミュニティの強化により、停止した。

出典: www.flyskyjetair.com

フィリピンの空運業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要航空会社1選〜外資系編〜

エアアジア・フィリピン(AirAsia Philippines)

概要:フィリピンエアアジアは1997年3月Asian Spiritで航空ライセンスを取得、2010年12月7日設立、2012年3月28日運用を開始した。フィリピンのマニラ首都圏にあるニノイアキノ国際空港を拠点とする格安航空会社で、同社は、マレーシアを拠点とする格安航空会社であるエアアジアのフィリピンの関連会社である。

フィリピン法人は、3名のフィリピン人投資家とAirAsiaBerhadの子会社であるAir Asia International.,Ltd.との合弁事業としてスタートした。Antonio O.Cojuangco(元テレビ局オーナー)、Michael L. Romero(不動産デベロッパー)マリアン・ホンティベロス(音楽業界)が出資した。2013年、ゼストエアウェイズとの株式交換契約により、ゼストオーコーポレーションのアルフレドヤオが同社​​の追加所有者となった。

ハブ空港として、ニノイ・アキノ国際空港焦点空港、クラーク国際空港、マクタン・セブ国際空港、カリボ国際空港マイレージサービス、保有機材数24機、本拠地はフィリピン、 マニラ代表者Ricky Isla (CEO)164人がフィリピンエアアジアで専門従事。

歴史:2013年、ゼストエアウェイズとの株式交換契約により、ゼストオーコーポレーションのアルフレドヤオが同社​​の追加所有者として追加された。ZestAirwaysはAirAsiaZestとしてブランド名が変更され、2016年1月にフィリピンAirAsiaに統合されるまで、AirAsiaとは別のブランドとして運営されていた。

財務(エアアジア全体):収益71億ドル 資金調達金額2.4億ドル、従業員21,600人

出典: https://www.airasia.com/en/gb

フィリピンの空運業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-eatingout

    【各社の生き残り戦略とは?】フィリピンの外食・中食業界

  2. thai-trainbus

    【最新版!】タイの主要鉄道・バス会社7選〜運輸・物流業界〜

  3. taiwan-warehouse

    【海外からの受け入れ態勢は万全】台湾の倉庫業界

  4. philippines-bank

    【業務提携で成長】フィリピンの銀行業界

  5. indonesia-warehouse

    【日本企業との連携】インドネシアの倉庫業界

  6. philippines-beverages

    【砂糖税の影響は?】フィリピンの飲料業界

  7. philippines-toiletries

    【拡大する市場 】フィリピンのトイレタリー・日用品業界

  8. philippines-securities

    【海外からも注目を集める】フィリピンの証券業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy