【最新版!】フィリピンの主要保育園17選〜教育業界〜

philippines-childcare

今回は、フィリピンの主要保育園に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて17校を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要保育園11選〜ローカル編〜

Kinderhaus Learning Center (キンダーハウス・ラーニングセンター)

1993年設立、フィリピン最初のカトリック幼稚園の1つ。1.7歳〜5.8歳の子どもを受け入れている。キンダーハウスでは、リテラシーが最初で最も重要な目標で、読み書きに必要な基本的な基盤を子供たちに提供するために開発された独自の言語プログラム(スリンガーランドアプローチ)を採用している。書き言葉と話し言葉が堪能になる。小学校に入るための準備を整える。

生徒と教師の比率:(幼児とジュニア保育園では3:10、シニア保育園では3:15、キンダーでは4:25)個人的で個別の相互作用と指導が可能になる。

特別支援を必要とする子供向けの主流化クラスとSPEDクラスもある。また、子供たちの各自のマイルストーンのために、毎月イベントを開催している。教師は大学で訓練を受けており、センターの歴史自体は60年以上の蓄積がある。

出典:https://kinderhauslearningce.wixsite.com/kinderhaus

Little Bloomers Childcare center (リトルブルーマーズ・チャイルドケアセンター)

LITTLE BLOOMERSは、子供向けのスピーチおよび作業療法センターを専門とする女性のリーダーチームであり、2017年に設立された。包括的でオープンマインドで健康的な職場環境を推進している。

スタッフは作業療法士あるいは言語聴覚士として、障がいや障害、怪我を抱えた人と関わるが、機能的な能力を高め、子供が意味のある活動を行うための自立を支援する。作業療法士は、注意力、計画性、組織性の欠如、自閉症スペクトラム、バランスと協調性の欠如、微細運動の欠如、セルフケアの困難、感覚障害、社会的スキルの欠如、視覚処理障害などの症状に対応する。 
フィリピンの法律では、作業療法士はすべてPRCのライセンスを持つ必要がある。作業療法士は、小児科クリニックでは「先生」と呼ばれるくらいのレベル。言語療法士は、言語病理学の理学士(現在免許不要)であり、LITTLE BLOOMERSはこれらの人材を保有している。*言語療法士の対象は、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥活動亢進  障害、 学習障害、 コミュニケーション障害、 知的障害、 口唇口蓋裂、ダウン症、 聴覚障害、 吃音およびその他の流暢性障害、 音声障害および喉頭切除症、嚥下障害および嚥下を有する個人が含まれる。

出典:https://littlebloomersccc.wixsite.com/littlebloomers

Sacred Heart School (セイクリッドハートスクール)

セイクリッドハートスクールシステムは、1968年に設立され、30人の生徒と2人の教師からスタート、その後1973年9月18日に登録番号00054485で証券取引委員会(SEC)に正式に登録された。施設や設備とともに、さらに多くの部屋が追加された。

現在、セイクリッドハートスクールには、SHSマカティ、SHSマラボン、SHSビノンド、SHSサンバレー、SHSカローカン、SHSバレンズエラの6つの支部がある。1994年8月10日、学校は現在教育省(DepEd)として知られている教育文化スポーツ省(DECS)によって承認され、就学前および中級レベルの教育の運営が許可された。

保育・幼稚園部門では、1.6歳から5.5歳までを対象としており、識字能力、計算能力、社会科学能力、創造力などの主要分野に注力している。その後の小学校クラス(6歳〜13歳)のレベルに引き継ぐ。クリスチャン生活・英語・数学・科学・フィリピン母国語その他の音楽・スポーツ教育カリキュラムを提供している。

出典:https://sacredheartschool.com.ph/

Mother Goose Nursery School (マザーグース保育園)

保育の目標は、子供たちが成功した幸せな未来に備えるための重要な社会的、感情的、認知的スキルを学ぶのを助けることモンテッソーリに触発された発達的な遊びに基づく学習活動を通じて、好奇心と探究心を高める環境を提供している。ロケーションは、マカティ、パシグ、マリキナ、リパ、グリーンウッズ、カインタ、ダグパン、ウルダネタ、サンカルロス、バヤンバン、ポソルビオにある。

基礎カリキュラム: モンテッソーリ哲学に触発された、発達的な遊びに基づく教育、20年以上の子供たちの指導経験がある。応急処置、CPR、教育、幼児教育の資格を取得し、子供たちが成長し、明るく幸せな未来を実現するために必要なツールを使用、生後18か月から6年生までのあらゆる学年で入学を希望する学生からの申し込みを歓迎している。また、マザーグーススクールは、対面教育の停止を踏まえ、遠隔教育計画に積極的に取り組んでいる。

出典:https://weecare.co/daycare/mother-goose-pr
https://www.mothergooseschools.org/why-mother-gooseeschool

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

Amuma Childcare Services (アムマ・チャイルドケアサービス)

2018年設立のセブに所在しているデイケアセンターで職員は10名以内24時間年中無休のチャイルドケアサービス。アムマはビサヤ語で「優しい愛情を込めて育てる」という意味。赤ちゃんと子供たちに、よく遊んでもらいながら、認知的スキルと社会的スキルの両方を発達させるように促す。安全・清潔・快適な環境を提供に努力している。センターには、経験豊富で熟練した情熱的なチャイルドケアアシスタントが在籍。

デイタイムケア:午前6時から午前6時までの間に降車と乗車/夜間ケア:午後6時から午前8時までのドロップオフとピックアップ、1か月から9歳までの乳幼児を受け入れている。

リーズナブルな料金:要約すると、セブでの現在の料金は次のとおり。時給: 最低5時間99ペソ。4時間以下で175ペソ 
1日あたりの料金: 最大8時間で750ペソ
週額料金:  1日8時間、週5日まで2,500
月額料金: 1日9時間、週5日、月20日で6,000ペソ

出典:https://www.businesslist.ph/companies/day-care

Gopala Play Center (ゴパラ・プレイセンター)

2008年設立、Gopala Play Centerは、ホームスクーリングの子供たちと通常の子供たちの両方が交流し、交流するための屋内の遊び場を保有している。時間単位または無制限で両親をサポートする。

クーリングの家族のためのセミナーやワークショップを提供している。認定/カリキュラム計画などスキルクラス-バレエ、アート&クラフト、音楽などがある。

子供のペースで子供中心の通常のプログラムでは、親は他の親とチームで教え、お互いが子供たちに教えるのを助けることができる。チュートリアル-時間やその他の理由で実際に教えることができないが、子供たちにホームスクーリングのセットアップをしたい親に最適である。チームティーチング-他の家族の子供たちと時間を共有したい親に最適である。

出典:https://www.businesslist.ph/company/177430/gopala-play-center

Today For Tomorrow’s Learners Dos Cas Branch(TFTL)

1997年に設立、マニラのサンパロックにあるドスカスティーラス通りの幼稚園。学校のカリキュラムの良いところは、子供の数学と分析のスキルを向上させることを目的としたアカデミックプログラムであるSMARTMATHと統合されている点である。

保育園、幼稚園、準備の基礎教育を提供し、歌、物語、パズル、その他の楽しい活動を通じて3〜6歳の子供たちに知識を習得させる。2021年9月現在は、パンデミックによってオンライン教育を提供している。

学校の所有者でありディレクターであるCriselda Reyesは、Today for Tomorrow’s Learners Preschool and Tutotial Centerであり、フィリピン大学ディリマン校の心理学を卒業。彼女は1987年から1992年まで、人材部門のさまざまな企業の産業心理学者だった。TFTLは、フィリピンのマニラにあるサンパロックに本拠を置く、教育省政府認定P-017S.2005の幼稚園である。

出典:https://bit.ly/2WXsPEQ

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

Maya Forest Preschool Manila (マヤフォレスト・プレスクールマニラ)

マヤフォレストプレスクールマニラ(MFPM)は、国で最初の教育省認定の森林幼稚園である。MFPMは、学校を囲む1ヘクタールの囲まれた自然林を利用することを決定した。マニラのサンパロックの中心部に位置する森は、子供たちが自然と一体になり、走ったり登ったりする機会があり、学習のあらゆる側面をサポートする環境で学ぶための安全で便利な場所である。2歳〜5歳プラスSPEDクラス

MFPMでは、アウトドアを提唱し、自然の中で学ぶことは別として、幼児が必要とする重要なスキルに焦点を当てている。指導目的は、単一の活動に集中する能力、指示を理解し、それに従う能力、失望と欲求不満に対処する能力、自分を超えて考える共感 の4つである。

生徒が教師やクラスメートに会い、インタラクティブなアート、音楽、ゲーム、アクティビティを楽しめるように、Zoomを介したオンラインClassMeetsを用意している。これらのオンラインClassMeetsは、レベルに応じて、月に2〜4回実施されます。

出典:https://mayaforestpreschool.com/

Little Childre’s School of Manila,Inc (リトルチルドレン・スクール)

学校は、カリキュラムの設計とコースの内容がすべて、生徒の固有の学習ニーズ、能力、および興味に対処することに焦点を合わせている。子供中心のアプローチで、生徒の学習スタイルを活用して、子供が自分のレベルに応じて探索、発見、学習するように促す。

ビジョンとして、リトルチルドレンズスクールは、学習に苦しんでいる子供たちを含め、それぞれの子供たちの独自性を認識し、受け入れている。子供たちは完全に自分自身を成長させる機会を与えられる。提供されるクラス:幼児(2.0-3.0歳)、保育園(3.1-4.0歳)、キンダー(41.-5.0歳)、準備(5.1-6.0歳)、特殊教育

ビジョンを実行するために、学校は次のことに取り組んでいる。発達が遅れている人のために、就学前と早期介入の二重プログラムを提供、家族が子供の発達において果たす重要な役割を支援し、奨励すること、チャレンジを学んでいる子供を尊重すること。誠実さ、誠実さ、人間の尊厳の維持というコアバリューを通じて、精神的、社会的、感情的、道徳的、精神的に子供を成長させる。

出典:https://kumonphilippines.com/

AGUINALDO INTERNATIONAL SCHOOL (アギナルド・インターナショナルスクール・マニラ)

アギナルドインターナショナルスクールマニラ(AIS)は、1999年6月にカナダ方式のエミリオアギナルドカレッジサイエンスハイスクール(EAC-SHS)としてマニラで最初に設立された。わずか11人の登録者で始まり、現在の約400人の学生に着実に成長した。

EAC-SHSは、2004年9月20日に教育省から正式に承認された。その後、学校の名前をアギナルドインターナショナルスクールに変更し、施設の近代化とカリキュラムと教育の国際化のプロセスを開始した。3年間で約10の国籍を追加した。AISが特別なニーズを持つ生徒に対応するSpEdプログラムを正式に開始。

2016年、AISは、フィリピン教育省のアカデミックトラックの下で一般アカデミックストランドを提供する高校プログラムを開始した。現在、プレスクール・小学・中学・高校・SPED・サービス学習のプログラムが用意されている。プレスクールは、インターナショナルスクールの幼稚園部門。(申請書、学生の背景情報シート、保護者の面接フォーム・入学試験あり)

出典:https://ais.edu.ph/information/

St. Vincent Learning Center of Manila (セントビンセント・ラーニングセンター)

マニラのセントビンセント・ラーニングセンター(SVLCM)は、無宗派の私立学校。SVLCMは、運営初年度に、マニラのサンパロックにあるCastos St.で保育園、幼稚園、小学〜高校まで提供している。小学校・高校・幼稚園・就学前および小学校レベルのすべてのコースは、教育省からの運営が許可された。

SVLCMには、有能な教師、教材、エアコン付きの教室が備わっている。(18ルームコンピューター室、科学室、TLE室、食堂、遊び場などの施設など。)

遠隔教育プログラム:パンデミックの現在の制限に対応し、SVLCMは学習継続計画(LCP)で①信頼できるインターネット接続を備えたデバイス、②オンライン遠隔教育の体験、③最も重要な学習能力(MELC)と一致する主題の内容とデザイン、④スケジュールされたライブまたは同期クラスと制限されたスクリーン時間の学習計画⑤教科書の使用、補足学習資料の提供、また非同期(オフライン)活動のための学習パケット等を提供している。

出典:https://svlcm.edu.ph/#about

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要保育園2選〜日系編〜

AEON FANTASY GROUP PHILIPPINES, INC.(イオンファンタジー)

イオンファンタジーグループフィリピン株式会社は、2014年4月に設立され、イオングループ等の開発者が運営するショッピングセンターのエンターテインメント施設の運営を専門とする日本企業である。2014年11月、イオンファンタジーグループフィリピンインクは、ケソンシティのオルティガスにあるロビンソンズガレリアモール内に「KIDZOOONA」という名前で最初の屋内アミューズメント事業を開始した。

Kidzooonaは子供向けのユニークなエデュテインメントセンターを設けて子供たちがキッドズーナに足を踏み入れた瞬間、他の友達と一緒に遊ベる仕組みを提供。彼らは自然にコミュニケーションスキル、マナー、寛容さを発達させる。

イオンファンタジーの使命は、家族、楽しみ、安全で、これは、子供や家族が安全で楽しい環境で遊ぶのに適した、教育的で楽しいエデュテインメントセンターを育成するという意図を反映している。アジアのイオングループの店舗に併設し、サービスの提供を行っており、フィリピンにおいても各主要イオン店舗に施設展開している。

出典:https://www.aeonfantasy.com.ph/

OISCA Manila Japanese Kindergarten(オイスカ幼稚園)

東京に本部を置き、国際NGOのオイスカ・インターナショナルを母体として、マニラ在留邦人子弟の保育のために1998年6月に開園した。主にアジア太平洋諸国を中心に農村開発、人材育成などを進めているNGO(非政府機関)であり、国連経済社会理事の諮問資格(カテゴリ-1)も得ており、ボランティアの精神を大切に地球環境を考え、各国で植林、農業支援、国際交流などの活動に取り組んでいる。

教育活動にも力を入れており、日本においては、高等学校、専門学校を設立し、一方、海外においても海外で生活をしている日本人の子ども達のために日本の伝統や文化を伝え、真の国際人としての人格を形成すべく、マニラにおいては、マニラにおける保育環境の確保のためにと1998年に設立された。

入園料US$1,200(入園時のみ)、保育料:US$560/月 (年長児・年中児・年少児)US$570/月 (未年少児)、※その他、用品代、教材費などの諸経費が必要。オイスカは、香港・上海・広州・バンコク・シラチャ・ジャカルタ・ホーチミンなどにも各施設を保有している。

出典:http://www.oisca-youchien.com/manila/index.aspx

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要保育園4選〜外資系編〜

Gymboree Play & Music (ジンボリー プレイ&ミュージック)

米国のフランチャイズビジネスの一環で、フィリピンのマカティに所在。 Gymboree Play&Musicプログラムは、0〜5歳の子供が遊ぶための安全な環境を提供し、認知的、身体的、社会的スキルの発達を支援する。

子供たちは、遊びに基づく活動を利用し、さまざまな年齢層のためのさまざまなレベルのクラスを持っている。クラスは、子供たちが互いに交流し、遊ぶためのプラットフォームを提供している。また、親が子供のクラスに参加して一緒に遊ぶ機会を提供し、良い絆の時間も提供している。

クラス:①子供クラス 赤ちゃん(0-8ヶ月)、家族遊び(6ヵ月-5歳)、②赤ちゃんクラス(0-8ヶ月)、クローラー(6〜14か月)、ウォーカー(10〜18か月)、音楽1(6-16ヶ月)、ファミリーミュージック(6ヵ月-5歳)、オープンジム(6ヵ月-5年)、アート(18〜24か月)、ファミリーアート(18ヵ月-5歳)、家族遊び(6ヵ月-5歳)、HOMERによる就学前の準備(24-36ヶ月)③未就学児 HOMERによる就学前の準備(24-36ヶ月)、探検家(22-36ヶ月)、プレイラボ(2-5歳)、家族遊び(36分-5歳)、就学前のステップ(24-36ヶ月)、学校のスキル(3-5年)、音楽2(16-28ヶ月)、音楽3(28ヵ月-5歳)、ファミリーミュージック(6ヵ月-5歳)、アート2(24-36ヶ月)、アート3(3-5歳)、ファミリーアート(18ヵ月-5歳)、オープンジム(6ヵ月-5歳)これらのコンテンツはパンデミック以後に変わる可能性がある。

出典: https://www.gymboreeclasses.com/

The Little Gym (リトルジムフィリピン)

リトルジムは、1976年に米国ワシントン州ベルビューにロビンウェスによって設立され、1992年からアリゾナ州スコッツデールからフランチャイズ化されたフランチャイズの子供向けフィットネスおよび開発センターでである。運動技能開発、レクリエーション体操、スポーツスキル開発、武道が行われている。

カリキュラムベースの身体的、社会的、認知発達プログラムは、米国の子どもの発達の専門家によって設計されている。クラス:4か月乃至2歳〜12歳まで目的・種目別に各クラスが分けられている。リトルジムは、動き、音楽、学習、笑いに満ちたコアシーズンとサマーセッションプログラムの多様なラインナップを提供している。

現在、34か国に300以上のフランチャイズが運営されており、世界中のリトルジムプログラムに10万人以上の子供たちが登録している。現在、フィリピンには、マカティ、パシグ-マンダルヨン、アラバンの3つのリトルジムがある。

出典: http://www.thelittlegym.com.ph/

MindChamps International Preschool(マインドチャンプ・インターナショナル・プレスクール)

創業者デビットキエム氏がDNA・クリエイティブマインド・チャンピオンマインドの三位一体を幼児教育プログラムに組み込み開発したフランチャイズシステムを推進している。1998年にシドニーで設立され、シンガポール10カ所、オーストラリア・フィリピン・マレーシア・ミャンマーにも展開している。

現在フィリピンで5つのセンターを運営しており、現代の環境で成功するための学習戦略を子供たちに提供するプレミアムな幼稚園体験を提供している。

複数の賞を受賞したフランチャイザーとして、フランチャイジーに完全なトレーニングとサポートを提供している。最新の世界クラスの教育研究に基づいた最先端の施設を備えた「MindChampions」をインターナショナルプレスクールとして、FC化に成功した。

出典: https://www.mindchamps.org/ph/

Cambridge Pre School Philippines (ケンブリッジ・プレスクール・フィリピン)

1993年にYaleHoldings Pte Inc.によって設立され、2001年にフィリピンで運営を開始したシンガポールのインターナショナルプリスクールのフィリピン版、 10ヶ月から6歳までの子供向けの学習プログラムである。

カリキュラム:個別化教授法→生徒には、数学、言語、感覚、細かい運動などのさまざまな発達分野、サークルタイム→朝の挨拶、童謡や歌の歌や踊りを通して、生徒の社会的および言語的スキルを発達、プロジェクト時間→特定のテーマ/トピックで学生は、期間中のディスカッション、研究、実験、フィールドワークに基づいてプロジェクトを作成、再生時間→総運動能力と社会化スキルを開発するための遊ぶ時間、おやつ→テーブルを用意し、食べ物や飲み物を出し、自分で食事をする、生徒は自立のための動作を経験、グルーミングタイム→グルー歯磨き、着替え、荷造り、衣服の畳み方で自助を学ぶ。

各センター:マニラ首都圏(17カ所)、カマリネススル(1カ所)、カビテ(2か所)、セブ(2か所)、ダバオ(1カ所)に所在している。

出典: https://www.cma.ph/

フィリピンの保育業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippies-hospital

    【地方まで充実した医療を】フィリピンの病院業界

  2. philippines-eatingout

    【各社の生き残り戦略とは?】フィリピンの外食・中食業界

  3. philippines-languagesschool

    【最新版!】フィリピンの主要語学学校22選〜教育業界〜

  4. Thailand-childcare

    【最新版!】タイの主要保育園14選〜教育業界〜

  5. 【グローバル化社会にむけて】フィリピンの資格・社会人教育業界

  6. Thailand-workerseducation

    【最新版!】タイの主要資格予備校・ビジネススクール13選〜教育業界〜

  7. 【最新版!】フィリピンの主要旅行会社17選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  8. 【最新版!】フィリピンの主要美容サロン18選〜製造業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy