【最新版!】中国の主要レストラン・飲食企業14選〜飲食・製造業(食品)業界〜

china-eatingout

今回は、中国の主要レストラン・飲食企業に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて14社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

中国の外食・中食業界 業界地図はこちら!

中国の主要レストラン・飲食企業7選〜ローカル企業編〜

海底捞(ハイディーラオ)

1994年に中国のホットチェーン店として設立。

2021年6月30日現在、海底掏は世界に1597の直営レストランを開設し、そのうち1491の店は中国大陸に位置し、106の店は中国香港、中国マカオ、中国台湾及び海外に位置し、シンガポール、韓国、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ベトナム、マレーシア、インドネシア及びオーストラリアなどを含む。

食品品質の安定性と安全性を向上させることを前提条件とし、幅広い消費者により心に寄り添ったサービス、健康、安全、栄養、安心な食品を提供している。

出典:https://www.haidilao.com/

呷哺呷哺(xiabuxiabu)

台湾発祥のチェーンレストランで1998年に北京にて設立。

その特徴は斬新なバーテーブル式の食事形式と伝統的な火鍋の完璧な組み合わせで、おしゃれなカウンター小火鍋という新しい業態を開拓した。

北京、上海、天津、黒竜江、辽寧、河北、山東、江苏、山西、河南などの省直営で400余り店を開いて、北京、上海、南京、天津、ハルビン、瀋陽、蘇州、無锡、常州、済南、石家荘、廊坊、秦皇島、張家口、淄博、太原、鄭州など30余りの都市に展開している。

営業収益は60億元、3万人以上の従業員を擁する。

出典:http://www.xiabu.com/Archives/IndexArctype/index/t_id/1.html

全聚德(quanjude)

1864年に設立。2007年に深圳証券取引所に上場した。伝統的な北京料理に焦点を当てた北京ローストダックは最も有名。

2019年まで中国に100以上の店舗があり、2019年の半年間の営業利益は約7億6000万元。

各国の元首、政府の役人、社会各界の人々と国内外の観光客に愛されて、「中華第一食」と呼ばれている。

2021年には全聚徳はブランド創設157周年を迎え、全聚徳の新しいIPイメージ「萌宝鴨」が登場した。

出典:https://www.quanjude.com.cn/

中国の外食・中食業界 業界地図はこちら!

小南国(シャオナングオ)

1987年、上海に開業した上海料理店。現在国内最大規模の中ハイエンドチェーンレストランの一つ。

中国国内13の都市で展開する。ケータリング事業の歴史により、2012年に香港のメインボードに上場した。

セントラルキッチン6ヵ所、セントラル倉庫5ヵ所を建設し、小南国レストラン60ヵ所、慧公館3ヵ所、南小館レストラン2ヵ所以上を運営している。

小南国のレストランのネットワークは大中国地区の一部の最も豊かで、最も急速に発展する都市をカバーして、上海、北京、大連、苏州、南京、天津、寧波、無锡、深センと香港などを含む。

出典:http://www.xiaonanguo.com/s/index.php

老乡鸡(ラオシャンジー)

2003年設立で、現在全国に800店舗を展開。中華ファーストフードの全国トップブランド。

チキンを使った料理がメインで、点心や粥、朝食メニューも人気。

南京、武漢から始まり、 2019年には上海に進出し、2020年には全国に1000店以上のファストフード店をオープンした。

2020年までに、郷友鶏は6億人の消費者にサービスを提供し、1日平均50万人の来店者を記録した。

北京、上海、深セン、杭州など(新)第一線都市への進出を果たしている。

出典:http://www.lxjchina.cn/

乡村基(シャンツンジー)

1996年設立の家庭料理がコンセプトのファストフードチェーン。

2010年、米国ニューヨーク証券取引所に上場を開始し、米国初の中国ファストフードチェーンとなった。

全国に986店舗を展開。

品質、良質のサービスと快適で優雅な環境で、大型ショッピングセンターやデパートなどに多く出典している。

重慶でピーク時の接客人数が2100人を超える最高記録を樹立し、すでに重慶市場シェア最高のファストフードブランドとなっている。

出典:http://www.csc100.com/

永和大王(yonghedawang)

快楽蜂飲食グループの主力ブランドであり、台湾発の中華ファストフードのブランド。

1995年、上海にレストラン1号店をオープン。上海に第1号店をオープンした。[3]現在、永和大王は上海、北京、深セン、武漢、杭州、南京など全国50近くの都市に360を超えるレストランを展開している。

工業情報部が指導し、中国企業ブランド研究センター及び直属機関であるChnbrandが授与する「c-bpi中国式ファーストフードチェーン業界ブランド力指数第1位」を5年連続で受賞し、「食品健康七星賞」を8年連続で受賞し、「315消費者満足ブランド」を9年連続で受賞した。

出典:http://www.yonghe.com.cn/

中国の外食・中食業界 業界地図はこちら!

中国の主要レストラン・飲食企業3選〜日系企業編〜

萨莉亚(サイゼリヤ)

アジアを中心に、世界各国で1400軒の店舗を経営するチェーン企業。

1973年に開業し、すでに40年以上の歴史を持つ。

2003年12月、サイゼリヤの中国1号店を上海市天钥桥路で開業。現在は上海、北京、広州、香港、台湾、シンガポール、日本などに店舗がある。

毎年1700万人近くのお客様に、安価でおいしいイタリア料理を楽しむ体験を提供できるように努力を続けてる。

2018年末、全世界の年間来店客数は2億人を超えた。

出典:http://www.saizeriya.com.cn/

味千拉面(味千ラーメン)

1968年、創業者の重光孝治氏が日本九州熊本県に第1号店をオープンした味千ラーメン店は、この旨い「骨湯ラーメン」を千人に分けてもらいたいという願いから「味千ラーメン」と名付けられた。

香港に進出し、その後、香港、マカオ、内陸における同ブランドの永久経営権を取得した。

2007年3月30日、味千(中国)ホールディングス株式会社は、香港聯合取引所有限会社)「聯合所」)のメインボードに上場し、強力な資金支援はグループの急速な拡大に新たな活力を注ぐこととなった。

全世界の店舗数は800店に達し、骨の大きなスープを使ったラーメンは老中青の三世代に愛され、年間約7000万杯が売れている。

2018年上海進出を果たした。

出典:http://www.ajisen.com.cn/

吉野家・はなまるうどん

2010年に進出した大手牛丼チェーン。

吉野家の支店は北京、上海、香港、シンガポール、カリフォルニア州、マレーシアなどの世界各地に及んでいる。吉野家はすでに世界で1100店を超えて、各地の顧客に日本式のおいしい食品と優れたサービスを提供している。

中国13エリアで展開。中国では吉野家と花丸2つのブランドを展開。

中国での販売価格は日本にいた時とほぼ一致しており、吉野家を食べるのに一人当たり15-30元かかり、マクドナルドの消費より少し高い程度である。

出典:http://www.4008-197-197.cn/

中国の外食・中食業界 業界地図はこちら!

中国の主要レストラン・飲食企業4選〜外資系企業編〜

王品餐饮股份有限公司(wowprime)

1993年に設立された台湾最大のレストランチェーンとして30以上の飲食ブランドを設立することに成功している。

ステーキ料理、鉄板焼き、日本料理、鍋物、焼肉、満腹など幅広いジャンルのレストランを展開しており、年間の来客数は2300万人を超え、台湾の人口に換算すると、ほとんどの人が王品グループの顧客となっている。

2018年2月まで21000人以上の従業員がいる。

出典: http://www.wowprime.com/

掌上韓品(ジャンシャンハンピン)

2008年に創業。韓国のストリートフードから始まった韓国ファーストフードチェーン店。

韓国の特色のある流行の軽食スタイルで、店内の雰囲気も可愛く変化が多く、特に若い人に人気がある。

2012年にセコイア・キャピタルのシリーズAで2000万円の資金調達を行った。設立から13年、80店以上を展開し、上海のみならず全国のkポップ軽食のベンチマークを目指している。

出典: http://www.zshp2008.com/

麦当劳(マクドナルド)

1990年に進出。中国は世界第2位の市場かつ、米国外の世界最大のフランチャイズ市場。

中国経済の発展に伴い、マクドナルドは中国内の市場でも急速に拡大している。 マクドナルドの670のレストランは中国の25の省市と直轄市にまたがる108の二次行政区域に広がっている。

従業員数は5万人を超え、そのうち99.97%は中国人。

中国のサプライヤシステムにも1.5万人以上の従業員がいて、総投資額は5億ドルに達している。

出典: https://www.mcdonalds.com.cn/

肯德基(KFC)

アメリカの多国籍レストランチェーンの一つであり、世界第二位のファストフードおよび最大のフライドチキンチェーン企業である。

1987年に中国初の洋風ファストフードチェーンを開業。Yum Chinaが独占フランチャイズ権を持つ。

中国kfcは百勝中国控股有限公司(略称「百勝中国」)の傘下にあり、株式コードはYUMC、Yumである。Brandsの中国本土での特別経営者は、kfcブランドの中国本土での独占経営権を持っている。

kfcはペプシと戦略的提携を結び、ペプシが提供する炭酸飲料を固定販売している。

出典: https://m.kfc.com.cn/

中国の外食・中食業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. malaysia-beverages

    【お酒よりお茶】マレーシアの飲料業界

  2. taiwan-processed food

    【グローバル基準を目指して】台湾の加工食品業界

  3. taiwan-restaurant

    【最新版!】台湾の主要レストラン・飲食企業17選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  4. china-food

    【消費者はアスリートから外国人まで】中国の加工食品業界

  5. china-electronic commerce

    【地方都市の家電ニーズが急増】中国の家電量販店業界

  6. china-drugstore

    【最新版!】中国の主要ドラッグストア13選〜流通・小売業界〜

  7. singapore-alcohol

    【最新版!】シンガポールの主要酒類製造メーカー10選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  8. china-medicine-biotechnology

    【最新版!】中国の主要バイオテクノロジー・製薬会社13選〜医療・介護業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker