【最新版!】フィリピンの主要ドラッグストア7選〜流通・小売業界〜

philippines-drugstore

今回は、フィリピンの主要ドラッグストアに焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて7社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンのドラッグストア業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要ドラッグストア5選〜ローカル編〜

The Generics Pharmacy (ジェネリシス薬局)

THE GENERICS PHARMACY(TGP)は、1949年に小さな製薬会社としてスタートした。高品質の医薬品が切実に必要であることを認めながら、手頃な価格で、フィリピン人により手頃な代替品を提供するためにジェネリック医薬品に焦点を当てた。2001年、同社は単一の店舗から始めて小売業に参入することになる。
同社はフランチャイズビジネスモデルを通じて、国内のすべての地域で展開することを決定した。2007年、マニラ首都圏の20の店舗から始まる。ジェネリック医薬品製造会社が直接小売することには、はじめは懐疑的な業界であったが、ユーザーの多くはこれを受け入れた。現在TGPとして、製薬ヘルスケア業界と製薬小売業全体に革命をもたらし,ヘルスケア業界もジェネリック医薬品を受け入れるようになった。
TGPは、完全な薬局の小売りとフランチャイズで10年以上を経過し、群島全体に1900ヵ所以上の強力な販売店が点在している。急速に拡大するにつれて、さまざまな起業家精神、小売、フランチャイズ、およびマーケティング組織から多数の賞と表彰を受けた。
さらなる店舗の拡大は、高品質で手頃なジェネリック医薬品の供給源とし て広く受け入れられ、信頼されている。全国の広大なエリアにTGPがロケーションされ、フレンドリーな近所の身近な薬局となり、国内最大の小売薬局チェーンとしてトップ企業となる。
TGPは100%ジェネリック医薬品を最初に提供したが、他のドラッグストアは90%のブランド医薬品を販売し、10%のジェネリック医薬品しか販売していなかった。2016年、大手のRobinsons Retailは、ジェネリシスの優位性取得のため子会社のSouth Star Drugを通じて、TGPの51%を取得した。今日まで、TGPは、ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島(国内最大のドラッグストアのネットワーク)全体に1,900店舗を展開し、前例のないマイルストーンに到達している。
フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーションの医療部門子会社、アヤラ・ ヘルスケア・ホールディングス(ACヘルス)は、ビサヤ諸島で薬局チェーンを展開するネグロス・グレース・ファーマシーを買収した。ビサヤ諸島での薬局網を拡大するため買収、ネグロス・グレース株75%の取得について、同社親会社のジャスミヌムと合意した。

出典:https://tgp.com.ph/about-us/

Mercury Drug (マーキュリードラッグ)

マニラのサンタクルスで、1945年3月創設者マリアーノ・キューによって設立された。ローマ神話で商人の守護神であるマーキュリーから名前を取る。フランチャイズチェーン本部は、ケソンシティ店舗数:1,200店舗である。売上:1327.3億ペソ(3,018億円)(2017年 実績2018 年アナウンス) 就業者数: 15,000人、親会社は、Mercury Group of Companies,Inc.
GAMOTO PADALAという次の6種類の独特の販売方法を実践している。オーダーライン(オンライン注文)、コールオーダーピックアップ(電話注文でピックアップ)、コールオーダーデリバリ(電話注文で配達)、オーダーピックアップ(いつでもどこの店でも)、カーブサイドピックアップ(電話注文でピックアップ)、ドライブスルー(マクドのようにドライブスルーで購入)。
現在、15,000人の従業員に対して、製品知識と顧客サービスのトレーニングを継続的に行っている。全国で1,200店舗を超える店舗の広大なネットワークに成長している。
FC投資の最小コストは約50万ペソで、場所により数百万ペソまで上がる場合もある。フィリピン版の「マツモトキヨシ」のようなイメージで、薬局としてだけでなく、美容品やお菓子、飲み物なども売られている。
看板に必ず書かれているフィリピノ語 “Nakasisiguro gamot ay laging bago.”は、「いつも新しい薬を提供することを約束します」という意味。マーキュリードラッグは、幅広いブランド薬やジェネリック医薬品に加えて、医療機器を含むヘルスケアおよびパーソナルケア製品の完全な小売ラインを形成している。

出典:https://www.mercurydrug.com/i

Generika Drugstore (ジェネリカドラッグストア)

ジェネリカドラッグストアは、「フィリピン人が要望する手ごろな価格に 挑戦」のコンセプトで2004年に設立された。同社は、全国で700以上の店舗に成長したドラッグストアのネットワークを通じて、ブランド医薬品に代わる高品質で手頃な価格のジェネリック医薬品を提供している。
ジェネリカドラッグストアは、自社ブランドを立ち上げ、ジェネリック医薬品のラインでActimedを、ビタミンと栄養補助食品で「Nutrawell」を 立ち上げ、店舗での製品の安定供給を確保し、手頃な価格を促進した。2014年には、ジェネリカドラッグストアで医薬品や医薬品の購入専用の電子ギフト券(GC)「MEDPadala」を発売した。
パンデミックの中2020年に 、ジェネリカドラッグストアは、独自のe コマースプラットフォームも立ち上げる。これにより、ジェネリカドラッグストアアプリを介してオンラインで注文し、安全で快適なデリバリーが可能になった。パンデミックの発生時に店舗がすでに提供している通話と配信サービスを補完している。

「ジェネリカドラッグストアは、2021年18周年を迎えるにあたり、記念の一環として、18%オフのアプリサービスを開始した。
歴史:2004年にモンテンルパ市に最初の店をオープン。2008年には16の直営店を擁していた。2011年、ジェネリカドラッグストアはビサヤとミンダナオに展開。フランチャイズは、全国のコミュニティでの存在感を確立した。2014年にMEDPadalaを発売、これは、全国のジェネリカの店舗ネットワーク全体で医薬品を購入するために使用できる電子ギフト券である。
2015年、AyalaCorporationの完全子会社であるAyalaHealthcare Holdings(AC Health)が、ジェネリカドラッグストアの株式を取得した。AC Health Groupのメンバーとして、ジェネリカドラッグストアは、すべてのフィリピン人に手頃な価格のヘルスケアへのアクセスを提供するよう努めるより大きなエコシステムの一部になった。

出典:https://www.generika.com.ph/

South Star Drug(サウススタードラッグ)

サウススタードラッグは、フィリピンのドラッグストアのチェーンで、漢方薬の小売業として、1937年に設立された。フィリピンで大手のドラッグストアチェーンの1つで、500店舗ある。
サウススタードラッグは、バタンガスのドラッグストアチェーンで7店舗あるチャペス薬局を買収した。また、サウススターは2012年にロビンソンズに買収された。この買収により、ロビンソンズリテールはドラッグストア事業をさらに拡大および強化する。現在フィリピン企業の上位1,000社に属している。
サウススターは、2010年に(サマールにあるその地域の最初の支店を通じて)ビサヤ地域で拡大した。サウススターは、遠隔地のコミュニティで生薬や商品を販売している。
本部:メイブンガ、パシグ、マニラ首都圏、
製品:医薬品およびその他の医薬品、
親会社は、ロビンソンズリテール ホールディングス株式会社である。

出典:https://southstardrug.com.ph/pages/about-us

Rose Pharmacy(ローズファマシー)

ローズファーマシーは、全国の戦略的な場所に300以上の店舗を持つフィ リピンのトップ製薬小売業者の1 つである。同社は、2020年10月に国内大手の小売業者であるロビンソンズリテールホールディングスインク(RRHI)と提携した。
ローズファーマシーは、デリバリーサービスを拡大し、RosExpress Deliveryで自宅に居ながらにして受け取れる顧客サービスを開始。顧客に価値をもたらすことに重点を置いており、ローズ薬局オンラインストアの全国ネットの24時間サービスを提供している。
ローズファーマシーのジェネリクス(一般医薬品)を立ち上げ、高品質の処方薬と市販薬を毎日手頃な価格で広く入手できるようにしている。ガーディアンのパーソナルケア製品ラインは、家族全員に優しく質の高いケアを一貫して低価格で提供するため、 ローズ薬局の毎月の定期収入、SuperSavers 、Buy More Save More のプロモーションや特別オファーは、店内とオンラインの両方の顧客にさらに大きな価値を提供するものである。

出典:https://www.rosepharmacy.com/

フィリピンのドラッグストア業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要ドラッグストア〜日系編〜

Seiryu (セイリュウ薬局)

株式会社セイリュウは、秋田市と湯沢市に5つの地域薬局、老人ホームケア施設、アルツハイマー病センターを運営している。創業者の金子晴夫氏(慈善家)は、45年間薬局を建設・運営してきた。Seiryu Co.Ltdは 2019 年にタイ支店を開設し、Seiryu JapanesePharmacy を通じて、 フィリピンに支店を開設した。
セイリュウ薬局は、日本のコンセプトである「おもてなし」に由来する経営方針で、薬局が顧客に提供できる最も包括的なケアは、誰かが彼らの回復を楽しみにしているという保証から来るものであるというポリシーである。セイリュウ薬局は、フィリピンに日本の薬局制度を導入し、地元の医薬品を提供している。
日本の薬局システムは、薬剤師が医師の診療所を訪れた後に患者の懸念に対処する、医師と薬剤師の関係を強調している。製薬ブランドSeiryu は、独自の日本の薬局経験をフィリピン市場にもたらしたいと考えた。薬局の取引の性質を超えてウェルネスの概念を拡張するという彼らのブランドは、「オダイジニ」の原則に基づいている。
フィリピンのヘルスケア市場を温かく受け入れながら、 Seiryu Pharmacyの日本のルーツに忠実なブランドアイデンティティ、マニフスト、およびイメージを作成するために、Seiryuのブランド開発を支援して日本とフィリピンの文化の複雑さの橋渡しをしている。
ブランドのアイデンティティの最も目に見える要素として機能する Seiryu Pharmacyのロゴのデザインに、創造性と注意を注いだ。ロゴ は、Seiryu Pharmacyのすべてのコミュニケーションにおける普遍的な署名であり、ブランドの製品とサービスの品質を保証するもので、日系企業としては、本格的にフィリピンに進出している唯一の企業といえる。

出典:https://seiryupharmacy.com/?page_id=22519

フィリピンの主要ドラッグストア〜外資系編〜

Watsons Philippines (ワトソン・フィリピン)

1841年に香港で設立されたASワトソングループは、29のTh場に16,200 以上の店舗を持つ、世界最大の国際的な健康と美容の小売業者。毎年、59億人を超える顧客とメンバーが、店舗やオンラインで12の小売ブ ランドを購入している。顧客との接続のために、より強力な国際ネット ワークとO + O(オフラインプラスオンライン/ OプラスO)プラットフォームの構築に努めている。
ASワトソンズは180年間の寄付の長い伝統を持ち、同グループには香港の12,900人を含む、世界中に約13万人の従業員を擁し、世界的に有名な多国籍コングロマリットであるCKハチソンホールディングスリミテッドのメンバーでもある。
ワトソンは、ヘルスケア製品・美容製品の小売店分野世界のNO.1 リテイラーとなった。アジア・欧州市場では、8,000店舗1500の薬局をマネジメントしている。2009年にワトソンは、アジアブランド・欧州ブランドで美容と薬局業界をリードし、ウクライナの小売業界に進出するなど世界のブランドとして君臨している。
2020年にワトソングループは、フィリピンのショッピングモールをリードしているのSMプライムホールディングスと提携し、2020年現在、800店舗のワトソンがモール等に配置されている。リテールアジアアワード 2021で7つの最高の栄誉を受賞。
親会社:AS ワトソングループ、16,000店舗、社員:14,000人以 上、オーナー:75%CKハチソンホールディングス 、25%テマセクホールディングス。毎年53億人以上の顧客にサービスを提供し、1億3,700万人 以上のロイヤルティプログラムメンバーがいる。

出典: https://www.watsons.com.ph/

フィリピンのドラッグストア業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-cafe

    【都市部で高まる需要】フィリピンのカフェ・スイーツ業界

  2. philippines-landtransport

    【最新版!】フィリピンの主要物流会社18選〜運輸・物流業界〜

  3. philippines-warehouse

    【最新版!】フィリピンの主要倉庫会社27選〜運輸・物流業界〜

  4. philippines-trainbus

    【最新版!】フィリピンの主要鉄道・バス会社10選〜運輸・物流業界〜

  5. philippines-electronic-commerce

    【伸びしろに期待】フィリピンの家電量販店業界

  6. malasya-fashion

    【海外ブランド多数進出!】マレーシアのアパレル業界

  7. indonesia-ec

    【Alibabaの躍進は止まらない】中国のネット通販業界

  8. china-furniture

    【最新版!】中国の主要家具メーカー・ホームセンター10選〜流通・小売業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy