【最新版!】タイの主要消費財メーカー20選〜製造業界〜

thai-toiletries

今回は、タイの主要消費財メーカーに焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて20社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

目次

タイのトイレタリー(日用品)業界 業界地図はこちら!

タイの主要消費財メーカー11選〜ローカル企業編〜

Berli Jucker PCL. (バーリ・ユッカー)

1882年に創業した総合商社。1975年にタイ証券取引所SETに上場した。2001年よりタイの財閥企業Thai Charoen Corporation (TCC)の傘下となっている。同社の4つの事業分野の一つ、消費財サプライチェーン事業ではティッシュ、石鹸、オーラルケア製品などを製造・販売している。具体的には、グループ会社のBerli Jucker Cellox Co., Ltd.でCelloxブランドおよびZilkブランドのティッシュ、トイレットペーパーを年5万トンの能力で製造している。また、Rubia Industries Co., Ltd.ではSparkleブランドの歯磨き粉、Pallotブランドのボディソープ、シャンプーなどを製造する。

2020年度の売上高は前年比9.4%減の157,697百万バーツ、純利益は前年比45%減の4,001百万バーツであった。

出典:https://www.bjc.co.th/

Saha Pathanapibul PCL. (サハ・パタナピブン)

1942年に創業したローカル系大手商社。1978年にタイ証券取引所SETに上場した。消費財を取り扱う商社として、トラディショナルリテールの小さい商店からモダントレードの大型スーパーマーケットまで、国内に9万以上の販売チャンネルを持つ。計90以上のブランドの600種類以上の商品を取り扱っている。代表的な消費材分野の商品はSalzブランドの歯磨き粉、Qleenブランドのシャンプーがある。また、日本の消費財メーカー、ライオンとの合弁会社Lion Corporation (Thailand) Ltd.にてハンドソープのキレイキレイやボディソープの植物物語などを製造・販売する。海外にも進出し、ASEAN諸国、東アジア各国、中東、ヨーロッパ、アフリカの計20か国以上の国で取引を行っている。

2020年度の売上高は前年比1.9%減の32,740百万バーツ、純利益は前年比ほぼ横ばいの1,705百万バーツであった。

出典:https://www.sahapat.co.th/

Jack Chia Industries (Thailand) PCL. (ジャック・チア・インダストリーズ・タイランド)

1966年に創業したローカル系の消費財メーカー。1990年にタイ証券取引所SETに上場した。温感湿布のTherma Plast、絆創膏やテーピング、湿布のTigerplast、ユーカリオイル・スプレーのKangaroo、ボディソープのTabuといった商品の製造・販売している。また、Jason’s Jujubesというブランドのキャンディも取り扱う。自社製品以外でも、日系の医療機器メーカー、OMRONのタイでのディストリビューターとしての認証を受けており、Omron Healthcare (Thailand) Co., Ltd.が製造する製品を販売している。

2020年度の売上高は前年比11%減の802百万バーツ、純利益は前年比26%減の67百万バーツであった。

出典:https://www.jackchia.co.th

Do Day Dream PCL. (ドゥー・デイ・ドリーム)

2010年に創業したローカル系の消費財メーカー。2017年上場にタイ証券取引所SETに上場した。スキンケア製品のSnailWhiteを中心に、 フェイシャルケア・ボディケア製品のOxe’cure、Prettiiface、SOSといったブランドの製造・販売を行っている。また、スキンケア製品のOEMにも対応しており、クリームやジェル、マスクなどの製造が可能である。製造キャパシティは月に2万個で、ASEAN GMPの認証を取得している。拠点は首都バンコクに本社が、中部アユタヤに工場が存在している。

2020年度の売上高は前年比87%減の1,491百万バーツ、純利益は前年度の赤字から回復し169百万バーツであった。

出典:https://www.dodaydream.com/en

Moong Pattana International PCL. (ムーン・パタナ・インターナショナル)

1981年に創業したローカル系の消費財メーカー。2009年にタイ証券取引所の二部市場maiに上場している。乳幼児および母親向け用品、パーソナルケア製品、日用品を製造・販売する。具体的には日系のベビー用品メーカー、Pigeonとの合弁で同ブランドの哺乳瓶やベビーケア用品を製造するほか、Ai-aoonブランドおよびSoftexブランドのベビー用品を取り扱う。また、V careブランドの生理用品、Foggyブランドのスプレー、Milk Meブランドのミルクタブレットなども展開する。

2020年度の売上高は前年ほぼ横ばいの802百万バーツ、純利益は前年比35%減の57百万バーツであった。

出典:https://www.moongpattana.com/en

タイのトイレタリー(日用品)業界 業界地図はこちら!

Better way (Thailand) Co., Ltd. (ベター・ウェイ・タイランド)

1988年に創業したローカル系の化粧品・消費財ディストリビューター。カタログやアプリ、オンラインショッピングを通じた直接販売を主なビジネスモデルとしており、自社ブランドMistineの商品を消費者に販売する。商品はメイク用品や香水などの化粧品、シャンプー、せっけんなどの衛生用品、スキンケア製品、サプリメント、マスクなど、4,000以上のものを取り扱っている。また小売店も展開しており、バンコクのショッピングモールに2店舗、東部パタヤ、北部チェンマイに計4店舗が存在する。

2020年度の売上高は前年比26%減の5,689百万バーツ、純利益は前年比57%減の212百万バーツであった。

出典:https://www.mistine.co.th/index.php

Neo Corporate Co., Ltd. (ネオ・コーポレート)

1989年にBio Consumer Co., Ltd.として創業したローカル系の消費財メーカー。2016年に現在の社名となった。高品質な消費財をモダンで便利なパッケージとともに安価で提供することを目的としている。主な取り扱い商品は香り付きパウダーのEversense、洗剤・柔軟剤のFineline、ボディソープのD-nee、メンズデオドラントのTrosなどがある。商品はタイ国内だけでなく海外にも輸出している。拠点は首都バンコクに本社が、バンコク北郊パトゥムタニに工場が存在している。

2020年度の売上高は前年比9.7%増の6,779百万バーツ、純利益は前年比27%の375百万バーツであった。

出典:https://www.neo-corporate.com/

Papinyo Group Co., Ltd. (パピンヨ・グループ)

2005年に創業したローカル系の消費財メーカー。昔ながらの製法で様々な原料から石鹸を製造し、販売している。石鹸はBennettというブランドで、ライスミルクや白ごま、タマリンド、ウコン、ショウガ、パパイヤなど、多岐に渡る天然素材から製造しているほか、ビタミンCやビタミンEなど特定のビタミンを多く配合したものも取り扱う。商品はタイ国内のスーパーマーケットやドラッグストア、また自社のオンラインショッピングサイト、Shopeeなどの外部サイトから購入可能である。本社および工場はバンコク西郊のナコンパトムに存在する。

2020年度の売上高は前年比39%増の1,933百万バーツ、純利益は前年比5.5%増の83百万バーツであった。

出典:https://www.bennett.co.th/index.php

Twinlotus Co., Ltd. (ツインロータス)

1973年にハーブを使用した薬品の製造・販売を行うドラッグストアとして創業した。現在ではDok Bua kuブランドのハーブ歯磨き粉を中心に、同ブランド名の歯ブラシ、マウスウォッシュ、ボディソープ、固形石鹼、シャンプー、トリートメント、ツバメの巣ドリンクなどを製造・販売している。各製品はハーブ類の他にタマリンド、ライム、マンゴスチン、アボカドなど様々な天然素材を配合した豊富なラインナップがある。拠点はバンコクに本社が、バンコク東郊サムットプラカーンに工場が存在する。

2020年度の売上高は前年比9.3%増の1,651百万バーツ、純利益は前年比2.1倍の157百万バーツであった。

出典: https://www.twinlotus.com/

Siam Health Group Co. Ltd. (サイアム・ヘルス・グループ)

1996年に創業したローカル系の消費財メーカー。Smooth Eブランドのスキンケア製品、ヘアケア製品、医薬品、およびDentisteブランドの歯磨き粉、歯ブラシ、マウスウォッシュなどのオーラルケア製品を製造・販売する。各製品は天然素材を用いて製造され、スキンケア製品は皮膚科医の、オーラルケア製品は歯科医から好評を得ている。商品はタイ国内のスーパーマーケットやドラッグストア、また自社のオンラインショッピングサイト、Shopeeなどの外部サイトから購入可能である。

2020年度の売上高は前年比24%減の2,037百万バーツ、純利益は前年比35%減の85百万バーツであった。

出典:https://smooth-e.com/
https://www.dentiste-oralcare.com/

DFT (Thailand) Co., Ltd. (ディーエフティー・タイランド)

2004年に創業したローカル系の消費財メーカー。Ing Onブランドの固形石鹸を製造・販売している。石鹸はハーブを中心に米、ヤギ乳、タマリンド、ウコンなどの天然素材を配合している。肌の深層まで浸透し、主にタイ人の女性に白く滑らかな肌を提供できるよう改良を進めてきた。また海外展開も進めており、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどの周辺諸国およびイスラエル、UAEなどの中東諸国を含めた計7か国で商品を展開している。拠点はバンコクに本社が、バンコク西郊サムットサコーンに工場が存在する。

2020年度の売上高は前年比14%増の994百万バーツ、純利益は前年比31%増の223百万バーツであった。

出典:http://www.dft.co.th/en/#home

タイのトイレタリー(日用品)業界 業界地図はこちら!

タイの主要消費財メーカー4選〜日系企業編〜

Kao Industrial (Thailand) Co. Ltd. (カオウ・インダストリアル・タイランド)

日系の消費財メーカー、花王のタイ拠点。タイでは1964年に設立され、50年以上の歴史を持つ。タイでも洗濯用洗剤のAttack、スキンケア・ボディソープのBiore、洗濯用漂白剤のHaiter、生理用品のLaurierなど、幅広いラインアップの日用消費財を製造・販売している。バンコクに本社、東部チョンブリに工場、その他の地域に10か所の販売拠点を持つ。2020年度の売上高は前年比37%増の13,233百万バーツ、純利益は前年比2.8%減の875百万バーツであった。

花王は1887年に創業した。ボディケア、ヘアケア、住居用・洗濯用洗剤、衛生用品、食品など様々な消費財の製造・販売を行っている。世界100か国以上で商品を展開し、従業員は計33,000人以上が在籍している。

出典:https://www.kao.com/th/en/

Uni.Charm (Thailand) Co. Ltd. (ユニ・チャーム・タイランド)

日系の消費財メーカー、ユニ・チャームのタイ拠点。タイでは1985年に設立された。主にベビー用紙オムツのMamypoko、女性用生理用品Sofy、高齢者用紙オムツのライフリーを製造・販売している。また、2018年にはタイローカル系の紙オムツメーカー、DSG International (Thailand) PCL.を買収し、タイの紙オムツ以上では存在感を増している。2020年度の売上高は前年比0.2%減の15,607百万バーツ、純利益は前年比71%増の3,766百万バーツであった。

ユニ・チャームは1961年に創業した。生理用品メーカーとして蓄積してきた不織布・吸収体の加工・成形技術を活かし、ベビーケア用品、ヘルスケア用品、ペットケア用品なども展開する。海外ではアジア、オセアニア、中東、北アフリカなどに35か所の拠点をもち、世界80か国以上で商品を展開する。

出典:http://www.unicharm.co.th/index.html

Elleair International (Thailand) Co.Ltd. (エリエール・インターナショナル・タイランド)

日系の製紙メーカー、大王製紙のタイ拠点。タイでは2011年に設立された。社名にも入っているティッシュペーパー、Elleair(エリエール)を中心に、ウエットティッシュやGoo.Nブランドのベビー用紙オムツ、Elisブランドの女性用生理用品などを製造・販売する。拠点は本社および工場が東部ラヨーンに、バンコクにもオフィスが存在する。2020年度の売上高は前年比17%増の2,511百万バーツ、純損益は24百万バーツの赤字であった。

大王製紙は1943年に創業した。印刷用紙、段ボール、ティッシュペーパーなど、紙製品全般の製造・販売を行う。中国やタイ、インドネシア、アメリカ、ブラジルなど世界各地に展開し、全体の従業員は12,000人以上にのぼる。

出典:http://www.elleair.co.th/en/

Earth (Thailand) Co. Ltd. (アース・タイランド)

日系の医薬品・消費財メーカー、アース製薬のタイ拠点。タイでは1984年に設立された。殺虫スプレーのアースジェット、ブラックキャップを中心に、芳香剤のOASIS、脱臭剤のSumi(炭)、オーラルケア製品のモンダミンなどを製造・販売している。拠点は首都バンコクの本社と北郊パトゥムタニに工場が存在する。2020年度の売上高は前年比5.4%増の1,450百万バーツ、純利益は前年比13%減の82百万バーツであった。

アース製薬は1892年に大阪で創業した。現在は殺虫剤や防虫剤などの虫ケア製品を中心に、入浴剤、オーラルケア製品、芳香剤などの様々な日用消費財を製造・販売する。海外では中国、タイ、ベトナムに計5か所の拠点を持ち、従業員は計4,000人以上。

出典:https://www.earth-th.com/

タイのトイレタリー(日用品)業界 業界地図はこちら!

タイの主要消費財メーカー5選〜外資系企業編〜

Unilever Thai Trading Co., Ltd. (ユニリーバ・タイ・トレーディング)

イギリス系の消費財メーカー、P&Gのタイ拠点。タイでは88年もの歴史を持つ。タイでは洗濯用洗剤のBreeze、シャンプーのSunsilk、ボディソープのDove、食器用洗剤のSunlightなどの製造・販売を行う。拠点はバンコクに本社、バンコクおよび東部チャチュンサオに2か所の工場が存在する。2020年度の売上高は前年比3.7%増の43,082百万バーツ、純利益は前年比2.4倍の5,977百万バーツであった。

ユニリーバは1883年にイギリスで創業した。現在ではスキンケア製品、各種洗剤、インテリアケア製品、食品・飲料などの消費財400ブランド以上を世界190か国以上で展開している。世界中の25億人が同社製品を日常的に使用しており、従業員は全体で約15万人にのぼる。

出典: https://www.unilever.co.th/

Colgate-Palmolive (Thailand) Ltd. (コルゲート・パルモーティブ・タイランド)

アメリカ系の消費財メーカー、Colgateのタイ拠点。タイでは1958年に設立された。タイではColgateブランドのオーラルケア製品(歯磨き粉、歯ブラシ、マウスウォッシュ)、Hill’sブランドのペットフードの製造・販売を行っている。2020年度の売上高は前年比2.5%減の18,502百万バーツ、純利益は前年比9.4%減の1,250百万バーツであった。

Colgateは1806年にアメリカで創業した。現在ではオーラルケア製品、ヘルスケア製品、ホームケア製品、ペットケア製品などの消費財を製造・販売する。世界100か国以上に拠点をもち、従業員は34,000人以上にのぼる。Colgateブランドのオーラルケア製品を中心に世界200か国以上で製品を販売している。

出典: https://www.colgatepalmolive.co.th/

Johnson & Johnson (Thailand) Ltd. (ジョンソンエンドジョンソン・タイランド)

アメリカの医療機器メーカー、ジョンソン・エンド・ジョンソンのタイ拠点。タイでは1970年より、医療機器や医薬品、日用品の製造・販売を行っている。日用品分野では絆創膏のBand-Aid、マウスウォッシュのListerine、ベビーケア用品のJohnson’sなどがある。2020年度の売上高は前年比16%減の5,335百万バーツ、純利益は前年比4.5%減の519百万バーツであった。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社は1886年にアメリカで創業した。パーソナルケア製品、医療機器、医薬品などを製造するメーカーであり、同社の製品は175以上の国で使用されている。現在は60か国以上に拠点を持ち、13万人以上の従業員が在籍している。

出典: https://www.jnj.com/

L‘ORÉAL (Thailand) Co., Ltd. (ロレアル・タイランド)

フランス系の化粧品・消費財メーカー、L’Oréal Parisのタイ拠点。タイでは2000年に設立された。同社ブランドのL’Oréal Paris、Garnier、Maybelline New Yorkの化粧品、スキンケア製品、ヘアケア製品、ヘアカラー製品、メンズケア製品を販売する。タイ国内のショッピングモールに店舗が存在する。Shu Uemuraを傘下に持つ。2020年度の売上高は前年比18%減の9,457百万バーツ、純利益は前年比54%減の701百万バーツであった。

ロレアルは1909年にフランスで創業した。現在は世界トップの化粧品メーカーとして、世界150か国にて36のブランドを展開する。2021年の全体の売上高は323億ユーロ(1.2兆バーツ)にのぼり、従業員は88,000人以上が在籍している。

出典: https://www.loreal.com/th-th/thailand/

Procter and Gamble Manufacturing (Thailand) Ltd. (プロクターアンドギャンブル・マニュファクチャリング・タイランド)

アメリカ系の消費財メーカー、P&Gのタイ拠点。タイでは1988年に設立された。乳児用おむつのPampers、柔軟剤のDawny、男性用スキンケア商品のGillette、ヘアケア製品のPantene、インテリア用消臭・芳香剤のFabrezeなどを製造・販売している。販売拠点のProcter and Gamble trading (Thailand) Ltd.も存在する。2020年度の売上高は前年比20%増の2,921百万バーツ、純利益は前年比2.9倍の937百万バーツであった。

P&Gは1837年にアメリカで創業した。現在ではヘルスケア、ホームケア用の消費財を世界180か国以上に展開している。2021年の全世界の売上高は761億USドル(2.5兆バーツ)であった。

出典: https://us.pg.com/

タイのトイレタリー(日用品)業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. thailand human resource

    【最新版!】タイの主要人材サービス企業16選〜金融・法人サービス業界〜

  2. thai-cosmetics

    【最新版!】タイの主要化粧品メーカー16選〜製造業界〜

  3. thailand electricity gas

    【最新版!】タイの主要電力・ガス会社12選〜建設・インフラ・環境業界〜

  4. thailand-furniture

    【活発な競争】タイの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

  5. thai-bank

    【最新版!】タイの主要銀行14選〜金融・法人サービス業界〜

  6. thailand-cafe-sweets

    【最新版!】タイの主要スイーツ・カフェ運営会社15選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  7. thai-real-estate

    【最新版!】タイの主要不動産仲介企業15選〜建設・インフラ・環境業界〜

  8. thailand-developer

    【最新版!】タイの主要不動産デベロッパー14選〜建設・インフラ・環境業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker