【最新版!】フィリピンの主要自動車メーカー19選〜製造業界〜

Philippines-car

今回は、フィリピンの主要自動車メーカーに焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて19社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンの自動車業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要自動車メーカー8選〜ローカル企業編〜

Automart.Ph(オートマートフィリピン)

フィリピン人が最も信頼する中古車ディーラで、2017年に設立された新興企業でありながら、多くのバイヤーがAutomart.Phを信頼する。Automart.Phの優れている点は、購入者にプレミアムが請求されないため、本当に手頃な中古車を手に入れることができる。仲買人に多額のお金を支払う必要がないシステムは広く顧客に受け入れられ、中古車の購入プロセスをシームレスにした。Automart.Phのパートナーには、フィリピンの大手銀行が含まれる。

顧客は在庫にある何千台もの車から最安値で選択することができ、銀行が手放す必要があり、利益を得る必要がないのは、顧客から取り戻された車だからである。つまり不良債権を抑えることができる。現在Automart.Phには、中古車を訪問してチェックアウトできる全国各地で利用可能ないくつかの拠点がある。(ケソンシティ、パラニャーケ、ダバオシティ、パナボシティ、セブシティ)

Automart.Phは、信頼できるオンラインで使用および所有されている自動車のWebサイトで、購入できる何千もの中古車とローン未払い車のリストを保有している。銀行は未払いにより回収した中古車の販売先を新たに見つけることができる。

出典: https://automart.ph/page/about-us、https://business.sulit.ph/directory/automart-ph/

Autodeal(オートディール)

2014年の設立でシステム販売により成長を続けている。Autodealを使用すると、車の購入者は車の購入に関してより簡素化されたプロセスを利用できる。新車と中古車を検索し、それらを他の何百台もの車や自動融資取引と比較できる。Autodealは、自動車購入者に手間のかからないサービスを提供し、フィリピンの公式自動車販売店と簡単に接続することができる。

AutoDealは、1つのオンライン自動車市場であり、車の購入者自身が車を調査し、プロモーションを見つける。全国の450を超えるパートナーディーラーのネットワーク全体で価格を比較するのを支援している。AutoDealを使用する理由は、価格の比較-AutoDealを使用すると、全国のトップクラスの承認されたディーラーからオファーを受け取ることができる。

他のAutoDeal購入者からの価格、場所、ディーラーの評価に基づいて、自分に最適なオファーを選択できるシステムである。コンテンツは、自動車の専門家からなる専任の社内チームによって厳密に維持されており、詳細な車両仕様、プロモーション、レビュー、購入アドバイスが含まれている。企業規模:全国にパートナーディーラーを450抱えている。オンラインで集合した全国の購入者が270万/月、2000の販売店。月25000件のオファーがある。

出典: Autodeal.com.ph

Philkotse(フィルコッツェ)

Philkotseは、オンライン自動車の主要なポータルの1つとして、自動車の購入者と販売者がオンラインで簡単に取引を行える包括的なデータベースを提供。購入者は、Philkotseで新車と中古車の両方を探すことができ、フィリピンで中古車を購入しようとしている人々への露出とリーチを確保できる。サイトに自分のリストを投稿することで販売者のオファーを競わせる。

Philkotse.comの目標は、ユーザーフレンドリーなインターフェースを介して、販売されている新品および中古車を探している個人にオンライン自動車プラットフォームを提供する。購入者は販売中の約300,000台の車と新車のリストにアクセスできる。また、Philkotse.comは、車をオンラインで販売したい個人にも対応している。

一方、Philkotseは、未登録の中古車販売者が自社のWebサイトにリストを投稿することも許可している。オンライン企業規模:毎月のセッション200万、25-45歳が70%、Facebookフォロワー20万。

出典:https://philkotse.com/

Philmotors.com(フィルモーターズ.コム)

Philmotorsは2011年に設立され、フィリピンで販売されている自動車の広告を専門とする主要なWebポータルサイトの1つである。ウェブサイトには2022年初頭で、全国の自動車ディーラーから2961台以上の車両が掲載されている。Philmotorsの使命は、フィリピンでの自動車の売買のニーズに対応して信頼性を提供することにある。

フィリピン全土からの合計214人のエージェントが、Philmotors.comで中古車を掲載し、一方個人も完全無料でPhilmotorsで販売する事ができる。購入者は、広い選択肢の中から、中古車のセレクションでき、その範囲は、バス、トラック、バイク、およびあらゆる種類の自動車を含む幅広い車両を見つけることができる。

Philmotorsで利用可能な中古車、フィリピンで中古車を購入したい人であれば誰でも利用できる幅広い価格をカバーしている。Philmotorsの車の選択には、すべてのマイナーおよびメジャーブランドとすべてのタイプの車両が含まれる。

出典:Philmotors.com

フィリピンの自動車業界 業界地図はこちら!

Zigwheels.ph(ジグホイールズ)

Zigwheels Philippinesは、車やオートバイのプロセスをシームレスに体験できるプラットフォームを提供している。このサイトは、訪問者が興味を持っている車に関するさまざまな情報を提供することで、サイト訪問者の多様なニーズに応えている。サイトは24時間年中無休で監視されており、自動更新され直ちにポータルに反映される。

同社は、最新の車のリストとは別に、車のレビュー、路上テスト、最新のオファー、車のローンに関する専門知識を持っている。Zigwheelsは、インドを拠点とする自動車ポータルCarDekhoの国際部門であり、これらの企業は両方とも、有名なIT企業であるG​​irnarsoft SoftwarePvtの副産物であった。同社は、インドの聴衆を専門家の見解で扱った後、2015年3月にそのルーツをさまざまなASEAN諸国に拡大することを決定した。

出典:https://www.zigwheels.ph/

AUTOHUB GROUP(オートハブ・グループ)

AUTOHUB GROUPは、自動車販売店および販売代理店の先駆者で、自動車業界で25年近くの経験を持ち、フォード、日産、三菱、スズキ、ヒュンダイ、マツダ、フォトン、シェリー、MG、吉利、双竜、カイセンを各地域にディーラーを開設し、販売ネットワークを拡大している。また、カーアクセサリーケアサービスにも力を入れている。

同グループは、世界中の高水準の自動車サービス(英国・イタリア・日本・韓国・中国・インド・米国)と技術と専門知識を習得し、アフターサービスを提供している。同社のCEOは、1998年元化学技術者であったもののアジア危機の際にチャンスと考え、周辺の意見に反して起業し、最年少で申請して最初のフォードディーラとなった。

Covid-19の経済影響により周辺が陥落しているとき、2021年には3つの自動車ブランドを買収し、3つのディーラーを開設し、AUTOHUBは回復力を示す。企業規模:2022年現在、従業員数2000人、全国に65以上のディーラー支店を運営している。

出典:https://www.autohubgroup.com/

GOZUN CARS(ゴズンカーズ)

GOZUN CARSは、SM City Pampanga(メインショールーム)の駐車場にあるパンパンガ州サンフェルナンド市に事業所があるディーラーである。同社は、製品の品質を適切に維持および監視するために、独自の品質検査チームを設立している。同社が提供する車両は良好な状態で販売し、「パンパンガの高品質な中古車ディーラーの本拠地」であるという評判は、15年以上にわたって定評がある。

日本の現在の中古車業界と同様に、オンラインで下取り車の査定を行うプロセスで間口を広げ、顧客の獲得に役立てている。このサービスは4つのプロセスで、①現在車両の情報を入力、②車両アップロード③取引したい内容を入力④ディーラーとのアポを取る順で申し込むことができる。

パンパンガ州においては、人気のある同社のサービスは地域のカーユーザーに広く受け入れられている。

出典:https://gozuncars.com/about-us/、https://philkotse.com/dealerships/gozun-cars-dl613

RUSCO MOTORS INC(ラスコモータース)

RUSCO MOTORS は、Rusi Group of Companiesの企業の1つで、ドゥマゲテのダウンタウンにハードウェアと自動車店として1954年に設立されたRUSIは、第二次世界大戦後に金属くずや廃車を収集した靴の修理とジャンクショップとしての謙虚な始まりを持っていた。成長のために創業者のファミリーがRamas-Uypitching Sons(RUSI)を設立した。RUSCOは、高品質の四輪車–迅速なサービス、フレンドリーなスタッフ、分割払いプランを提供する。

Rusi Group of Companiesの主な事業は運輸だが、不動産、ハードウェア、建設、貸付、融資などの他業界の事業も行っている。ドゥマゲテのホテルを管理し、車両やその他のローンを提供し、送金サービスを提供している。中央ビサヤを拠点に低価格帯の車を取り扱う。支払いシステムが充実しており、月賦支払いや低金利ローンが特徴である。

出典:http://rusimcgroup.com/

フィリピンの自動車業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要自動車メーカー5選〜日系企業編〜

TOYOTA Philippines (トヨタ・フィリピン)

トヨタ自動車フィリピン株式会社(TMP)は、トヨタ車20車種の豊富なラインアップを持つフィリピン国内最大の自動車会社である。レクサスマニラを含む全国に70以上のディーラーを有し、販売物流とサービスセンターを展開している。TMPは、1988年8月3日GTキャピタル・ホールディングス株式会社トヨタ自動車株式会社、三井物産株式会社の合弁で設立された。

TMPの現地本社と製造工場は、ラグナ州サンタロサ市にある82ヘクタールのトヨタ経済特区(TSEZ)内にある。特区には、ASEANや日本をはじめとする世界各地への自動車製品の製造・輸出に戦略的な役割を果たす投資家が多く集まっている。TMPのマーケティングオフィスは、マカティ市に所在している。アジアで最も急速に成長している経済の1つであるフィリピンは、トヨタグループでの世界9番目に大きなマーケットとなっている。

2020年は、24万2千台の売上を達成することができた。「2020年の販売台数は100,019台となり、シェアは41.3%に拡大した。企業規模:工場は、2交代制で年間55,000台以上(2020年12月末時点)の生産能力を有する。従業員数は、正社員・派遣社員合わせて3,578名、グループ売上29兆2665億円(2020年3月期)27兆2146億円(2021年3月期)フィリピン単独売上:2020年には1,344億PHP、2,229億PHP40%減となる。

出典:https://bit.ly/3IJeNt3、https://bit.ly/3HG1Kar、
https://toyota.com.ph/company-profile、https://bit.ly/3sE2tVg

MITSUBISHI Philippines(三菱フィリピン)

Mitsubishi Motors Philippines Corporation(MMPC)は、1963年に前身Chrysler Philippines Corporation として設立された。2019年には、トヨタに続きフィリピンの自動車企業のトップ2にランクされ、フィリピン国内で認知されている。市場占有は15.38%となる。

2020年12月には前年度の30%の売上成長を達成した。フィリピン国内の自動車メーカーは、合計4,195台の販売台数を獲得した国内第2位の自動車ブランドとしての地位を確立した。また、2021年世界で37万台販売しフィリピン9万2千台以上販売のミラージュG4を2022年も継続発売し、フィリピンで現地生産も継続する。この生産は政府の包括的自動車復活戦略(CARS)の最初の車両である。

国内で最も売れている7人乗りのMPVであるMitsubishi Xpander7人乗りは、合計1,472台の販売を獲得した。2020年11月のパフォーマンスを57%上回っている。企業規模:61の認定三菱自動車ディーラー(10都市)、フィリピンMMPCの売上は、1039億円(2019年)・764億円(2020年)・900億円(2021年)の実績となる。

出典:https://www.mitsubishi-motors.com.ph/、https://bit.ly/3Mwsz4K、https://bit.ly/3pCALX4
https://bit.ly/3pCALX4、https://bit.ly/3vynL8V

HONDA Philippines(ホンダ・フィリピン)

Honda Cars Philppines Inc.(HCPI)は、フィリピン政府の自動車開発プログラムの下で1990年10月に設立された。現在HCPIは、200人を超えるアソシエイトのチームであり、全国の35のディーラーと協力している。しかし、パンデミックの影響と効率的な資源配分でHCPIは、アジア・オセアニア地域での生産事業の最適化を検討の結果、HCPIの生産事業を閉鎖を決定。HCPIは、ホンダのアジア・オセアニア地域ネットワークを活用し、フィリピンでの自動車販売・アフターサービスを継続している。

同社は、シティ、BR-V、CR-V、モビリオ、ブリオ、ジャズ、シビック、HR-V、オデッセイ、アコード、シビックType-Rモデルなどのフィリピン人に高品質の自動車を提供している。HCPIは、本田技研工業株式会社、ACインダストリアルテクノロジーホールディングス株式会社、リサール商業銀行株式会社のパートナーシップである。

2021年には、約53.6万台の自家用車がフィリピンで登録された。前年の合計113万台に比べて大幅に減少している。企業規模:約650人の従業員、設備投資:19億PHP(42億円)、ホンダ本社売上:2021年12月期3688.79億円、2021年9月期3404.36億円、2021年6月期340436億円、2021年3月期3623.81億円。

出典:https://www.hondaphil.com/our-story、https://www.hondamanila.com.ph、https://bit.ly/3vMF1XY

NISSAN Philippines(日産フィリピン)

Nissan Philippines,Inc.(NPI)は、2013年9月23日に設立され、Nissan Motor Co.,Ltd.(Nissan)と、パートナーであるUniversal Motors Corporation(UMC)およびYulon Philippines Investment Co.,Ltd.によって設立された合弁会社である。日産は同社の51%の株式を保有、UMCとYulinはそれぞれ発行済株式の24.5%を所有している。

2014年3月、NPIはフィリピンで唯一の国内販売会社として日産ブランドを一堂に会して事業を開始、NPIは操業を開始して以来、フィリピンで最も急成長している自動車会社の1つになった。2020年アルメーラの生産台数は、4600台にとどまるなど新型コロナウイルス禍による景気減速で販売が落ち込みフィリピンでの製造部門を閉鎖した。

現状では、フィリピン国内ではスズキとフォードと激しい3位争い中だが、依然かろうじてTOP3の位置にいる。企業規模:フィリピン全国の主要都市に合計42の販売店ネットワークの積極的な拡大している。日産グループ資本金6058.13円、連結売上:2021年4月〜2021年9月半期で3兆9470億円、社員数:131,461名。

出典:https://www.nissan.ph/、https://bit.ly/3ITZApa

ISUZU Philippines (イスズ・フィリピン)

日本で1916年にスタートしたいすゞは、フィリピンでも世界的に有名なディーエルエンジンとして、既に70年間に亘り商用車・産業車両を最も信頼できるブランドの1つとして国内に普及させている。いすゞのディーゼルエンジンは、ターボディーゼル・燃費・長寿命・メンテナンス優位性などに強みを持つ。

いすゞのディーラーネットワークは、全国に43を超えるディーラーを擁している。IPCは、すべてのトラック販売カテゴリーを席巻した2020年の販売実績で、21年連続でフィリピンのトラックブランド1位になり、22年連続で小型トラックの販売で1位、一方いすゞのベストセラーピックアップのD-MAXとmu-X SUVも好調で、D-MAXの販売台数は3,346台で、2019年の販売台数から12%増加している。 mu-Xは堅調に1,681台を販売した。

2019年2020年はTOP8位の位置をキープしている。日系の自動車会社では6位に入ったが、トヨタ・日産の車種の強みで販売台数には開きがある。売上高 19,532億円(2017年)20,704億円(2018年)21,492億円(2019年)20,799億円(2020年)19,082億円(2021年)従業員数,:連結で36,224人(2021年3月末現在)。

出典:https://www.isuzuphil.com/about-us

フィリピンの自動車業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要自動車メーカー6選〜外資系企業編〜

FOTON(フォトン)

中国のFOTONは、アジア最大の商用車メーカーで、乗用車、小型トラック、中型トラック、大型トラック、重機から幅広い商用車を提供している。トラック、バス、スポーツ用多目的車および農業機械の設計および製造を行う中国企業。新型ジープニーにFOTON社の車種が採用、大きな話題となる。

FOTONは、BOSCH、Lotus、Motorola、Daimler、Cumminsなどのパートナーと長期的な協力関係を築いており、FOTONが製造するすべての車両が最新の技術革新を誇り、最適なパフォーマンスと優れた安全機能を提供することを保証している。FOTON Motor Philippines(FMPI)は、2006年にこのブランドをフィリピンに持ち込んだ。

2016年には、CDCで最初の自動車工場であるFOTON Motor Philippinesの組立工場の建設に合計12億ペソが投資され、年間12,000台の車両生産ラインとなる。自動車製造業者会議所(CAMPI)の公式メンバーシップ設定した。フィリピンでは、FOTONは総合9位の位置にある。2019年、FMPIは、ISO 900フィリピンで2015品質管理システム証明書が、文書化された品質管理システムの取得した。売上:46.58BUSD(2019)57.33BUSD(2020)

出典: https://www.foton.com.ph/

HYUNDAI PHILLIPINES (ヒュンダイ・フィリピン)

2001年8月、韓国の現代自動車(HMC)は、フィリピンの現代自動車の公式販売代理店としてHyundai Asia Resources,Inc.(HARI)を任命した。41台の乗用車と14の商用車販売店からなっていた。現在、フィリピンの自動車業界のトッププレーヤーの1つとして正当な地位を確立している。

10年以上にわたり、フィリピンのモビリティのプロファイルを形成して、世界で6番目に優れた自動車ブランドとなっている。韓国ソウルに本社を置く世界第3位の韓国の多国籍自動車メーカーで、2019年度はアメリカメーカーを抜いて売上4位にランクインした。フィリピンでは2020年パンデミックにより40%の売り上げ減少を経験した。

フィリピン国内には、10都市に45の認定ヒュンダイカーディーラーを抱えている。社員数は、世界中で約75,000人、グループ売上は、105.8兆韓国WON、世界中に約6,000のディーラーとショールームを通じて193か国で販売されている。

出典: https://hyundai.ph/

FORD Group Philippines (フォードグループ・フィリピン)

フォードグループ・フィリピンは、米国フォード社の国内販売・流通子会社で、フィリピンにおけるフォード車の販売、サービス、マーケティング活動のすべてを担っている。Fordは、EcoSport、Everest、Explorer、Expedition、F-150、Ranger、Mustang、Territoryなど、SUV、トラック、パフォーマンスカーの最も幅広いラインナップを取り揃えている。

フォードのディーラーネットワークは全国49カ所にあり、拡大する顧客層への販売とサービスの提供を促進している。フォードは、従業員が働き、生活する地域社会に変化をもたらし続けている。フォードは交通安全の提唱者であり、世界的に認知されているDriving Skills for Life(DSFL)は現在、企業の社会的責任プログラムに組み込まれている。

フォード本社は、米国ミシガン州ディアボーンにあり、117年の歴史がある。ピックアップ車種が人気で、2019年はTOP6位となった。2021年売上は136.3ビリオンUSD、従業員数:186,000人。

出典: https://www.ford.com.ph/、https://corporate.ford.com/

CHEVROLET Philippines(シボレーフィリピン)

GMのブランドであるシボレーフィリピン-Covenant Car Company Inc.(TCCCI)はフィリピンが所有する会社であり、フィリピンにおけるシボレーの自動車と部品の独占的な輸入販売業者である。GMの東南アジア事業によって任命されたTCCCIは2009年7月1日に設立され、2009年10月1日にシボレーの完全な事業運営を引き継いだものである。

Covenant Academyは、シボレーの顧客のブランド体験を最大限に発揮するためにシボレーのスチュワードを関与させることを目的としたスキルトレーニング、自己啓発、価値形成を通じてサービス品質を継続的に改善するために設立された。パンデミック中の2021年に、CHEVROLET Philippinesは、オンラインショップを導入し、自宅に居ながらにしていつでも新しいシボレー車を購入する便利な方法の新しいオンラインショッピングプラットフォームの提供を始める。

2019年2020年はTOP9位となった。企業規模:売上GMグループUS$122.485 billion (2020)、従業員数2021年初頭でGMは世界中で約155,000人の従業員を雇用。87,000(56%)時給従業員と68,000(44%)のサラリーマン。

出典: https://chevrolet.com.ph/

KIA Pilippines (起亜フィリピン)

起亜フィリピンは、現在ACインダストリアルテクノロジーホールディングス(ACインダストリアル)の下で運営されている。Integrated Micro-Electronics,Inc.(IMI)とAC Automotiveを運営している。ACインダストリアル(ACI)傘下のアヤラコーポレーションの自動車事業会社であり、6番目のブランドとなっている。(ホンダ、イスズ、フォルクスワーゲン、KTM、上汽車に続く)としての地位を確立している。

起亜自動車は、韓国で、華城、ソハリ、光州の3つの主要な車両組立工場に加えて、南陽に8,000人の技術者を雇用する世界クラスの研究開発センターと専用の環境研究開発センターを運営している。尚、現代自動車が起亜自動車の親会社である。

フィリピンでのディストリビューターがアヤラ主導にリニューアルしたことで、2019年はTOP10位となり、前年と比較して124.3%の増加となった。企業規模:起亜自動車は2021会計年度に約69.9兆ウォン(610億米ドル)従業員数52,488人、フィリピンには10都市に44の認定KIAカーディーラーを配置している。

出典: https://www.kia.com/ph/main.html、、https://bit.ly/3MB31Dv

Carmudi Philippines(カームディ・フィリピン)

2014年にスタートしたCarmudiは、フィリピンの自動車産業で注目を集め、オンラインで車を売買するためのプラットフォームを提供している。売買プロセスをシンプルにし、専門家の献身的なチームとコラボし、Carmudiは厳選された何千台もの車両の中から、自分好みの車両を獲得できる。チームは、エンジニアリングと製品開発、オンラインマーケティング、ビジネスインテリジェンス、運用、人事、財務にそれぞれ特化しているが、一方でシームレスに連携する。

Carmudiに注目される理由は、顧客に最高の自動車ショッピング体験を提供し、すべての自動車関連のワンストップショップとして、デジタル化サービスを提供しているかである。インドの大手自動車技術会社 CarDekhoによる最近のCarmudi.com.phの買収により、CarDekhoは、東南アジアで着実に成長しインドの自動車エコシステムを席巻し、11年間でインド、インドネシア、フィリピンに拠点を置き、マレーシア、タイ、ベトナムに拠点を拡大した。
Cardekhoは、東南アジアに10億ペソを投資して、この地域のオンライン自動車垂直スペースを統合する。インド本社企業規模:2013年に45ミリオン米ドルの資金を得る。さらに直近10ミリオン米ドル調達で事業推進。

出典: https://craft.co/carmudi、https://www.carmudi.com.ph/about-us/

フィリピンの自動車業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. 【トヨタ、最大のシェア】フィリピンの自動車業界

  2. philippines-eatingout

    【最新版!】フィリピンの主要レストラン・飲食企業17選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  3. philippines-electronic-commerce

    【最新版!】フィリピンの主要EC・ネット通販運営会社9選〜流通・小売業界〜

  4. china-toiletries

    【最新版!】中国の主要消費財メーカー13選〜製造業界〜

  5. philippines-childcare

    【家庭状況の変化に合わせて】フィリピンの保育業界

  6. philippines-telecommunications

    【通信最大手の業務拡大】フィリピンの携帯電話事業者業界

  7. singapore-stationary

    【最新版!】シンガポールの主要文房具・事務用品メーカー11選〜製造業界〜

  8. philippines-landtransport

    【流通システムの円滑化】成長が続くフィリピンの陸運業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. singapore-cosmetics
  2. singapore-private-banker
  3. vietnam-bank
  4. singapore-pharmacy
  5. Indonesia-motorbike