【最新版!】シンガポールの主要ホテル11選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

今回は、シンガポールの主要ホテル企業に焦点を当て、ローカル・外資合わせて11社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

シンガポールのホテル業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要ホテル2選〜ローカル編〜

Marina Bay Sands (マリーナベイサンズ)

マリーナベイ・サンズは2010年にオープンしたさまざまなアトラクションと施設を持つプレミアエンターテイメントの総合施設。建設のビジョンは、独自のアイデンティティを持つ時代を越えたランドマークとして、シンガポールを他の都市とは一線を画す都市にするような統合的な施設の開発だった。

マリーナベイのウォーターフロントに面したMarina Bay Sandsは3つのタワーで構成され、その頂上は非日常の空間が広がるスカイパークで結ばれている。

さらに、「海に浮かぶ」クリスタルパビリオン、蓮の花をイメージしたミュージアム、流行の先端を行くショップ、世界的な高級ブランド、トレンディなセレブリティシェフレストラン、数々のエンターテイメントを楽しめる劇場、ホットなナイトクラブ、そしてラスベガススタイルのカジノを備えている。

特に宿泊者しか入れないという有名な天空プールは多くの人々を魅了している。

出典:https://www.marinabaysands.com

Capella Singapore (カペラシンガポール)

2009年にオープンしたこのホテルは、建築会社Foster and PartnersがDPA rchitects と共同で設計したもの。そのインテリアは、インドネシアのインテリアデザイナー、ジャヤイブラヒムによって設計された。

入念に建てられた高級リゾートホテルだけを集めた、やや小さめのホテルチェーン。2018年には米朝シンガポールの他にも、タイのバンコク、ベトナムのハノイ、モルディブ、中国の海南、上海、オーストラリアのシドニー、インドネシアのウブド、韓国など海外にも進展している。

首脳会談がこのホテルで使われたことでも注目を浴びた。リーダーズチョイスアワード2021では、スコア97.94を記録し、堂々の一位となっている。

出典:https://www.capellahotels.com/

シンガポールのホテル業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要ホテル9選〜外資系編〜

Shangri-La Hotel Singapore (シャングリラホテル シンガポール)

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾートは、香港で設立されたケリー・グループが経営するホテルチェーン。単一のホテル事業から、高品質の不動産および投資不動産、ウェルネスおよびライフスタイル施設を含む多様で統合されたグローバルポートフォリオに成長した。

現在シャングリ・ラホテルズアンドリゾーツ、ケリーホテルズ、JEN、トレーダーズの4つのブランドの下で100以上のホテルを所有、運営、管理している。

シンガポールでは1971年にオープンした。15エーカーの美しいトロピカルガーデンに立つシャングリ・ラ ホテル シンガポールでは、緑豊かで広々とした庭園がある市内で唯一のホテルで、類のないダイニングエクスペリエンス、ご家族向け施設、リラクゼーションを提供している。

出典: https://www.shangri-la.com/jp/singapore/shangrila/

Mandarin Oriental Singapore (マンダリンオリエンタル シンガポール)

1987年に建てられたシンガポールのマンダリンオリエンタルは、ホテルのインテリアを更新するために2004年に大幅な改修が行われた。

マンダリンオリエンタルシンガポールは、世界有数の高級ホテルの1つ。 有名なフォーブストラベルガイドで10年連続(2012年から2021年)に宿泊施設とスパの両方で5つ星のステータスを獲得した市内で唯一のホテル。

このホテルは、金融の中心地に近く、高級ブティックや娯楽施設に簡単にアクセスでき、サンテックシンガポール国際コンベンション&エキシビションセンターから数分の絶好のロケーションにある。

ホテルには、527室の客室とスイートを備えた印象的なアトリウムロビーがある。 プレミアムオリエンタルクラブラウンジ、贅沢でくつろげるスパ、大規模な会議および宴会施設、5つの有名なレストラン、受賞歴のあるバー、壮大なマリーナベイを見下ろすラウンジなどがある。

出典: https://www.mandarinoriental.com/singapore/marina-bay/luxury-hotel

The Fullerton Hotel Singapore (フラートンホテル シンガポール)

フラートンビルは、1928年に建てられた壮大な新古典主義のランドマーク。2015年12月に国定記念物として公告され、かつてはシンガポールの郵便局、交換室と交換参照図書館、有名なシンガポールクラブがあった。

1997年、ファーイーストオーガニゼーションの姉妹会社であるSino Land (Hong Kong)Company Ltdは、都市再開発庁(URA)からフラートンビルを買収した。フラートンビルをホテルに改造し、フラートンロードの向かいにある2階建ての商業複合施設ワンフラートンを建設するために、さらに3億シンガポールドル近くを費やした。

フラートンビルの改修工事は2000年12月8日に完了。フラートンホテルシンガポールは、 2001年1月1日に当時のゴーチョクトン首相によって正式に開業。現在では399室ある伝統的なホテルになっている。

リーダーズチョイスアワード2021では、スコア95.54を記録し、4位となっている。

出典: https://www.fullertonhotels.com

Raffles Singapore (ラッフルズ シンガポール)

1887年に開業したRaffles Singaporeは、世界でも数少ない、現存する19世紀のホテル。「ラッフルズに泊まらずして、シンガポールの旅は終われない」と、昔から旅人たちを魅了し続けてきた。

ラッフルズのシーク教徒のドアマンは、白い髭と印象的なターバンをかぶり、「ホテルで最もよく写真を撮られる存在」となっている。

大規模な改装工事を経て、新たな歴史を刻み始めた伝説のホテル、ラッフルズへようこそ。この改装は、ラッフルズならではの特別な雰囲気やサービス、魅力、伝統などを維持するために行われた。

散策にぴったりな美しい中庭や、居心地の良い社交スペースのほか、ラッフルズ伝統のサービスを満喫できる新規オープンのバーやレストラン、ブティックなどがある。

リーダーズチョイスアワード2021では、スコア95.09を記録し、5位となっている。

出典: https://www.raffles.com/singapore/

シンガポールのホテル業界 業界地図はこちら!

The Fullerton Bay Hotel Singapore (フラートンベイホテル シンガポール)  

フラートンホテルシンガポールは、シンガポールの中心地区のダウンタウンコアにあるシンガポール川の河口近くに位置する5つ星の 高級ホテル。もともとはフラートンビル、そして総合郵便局ビルとして知られていた。

Sino Groupは、香港を代表する不動産開発会社の1つ。グループは幅広く多様化しており、Ngファミリーが所有する民間企業と、香港証券取引所に上場している3つの企業で構成されていて、現在、約11,000人の従業員を擁している。

グループの姉妹会社であるファーイーストオーガニゼーションは、島国最大の私有不動産開発業者であり、1999年以来国際的に高く評価されているFIABCI Prixd‘ Excellenceで8つの賞を受賞した唯一の不動産開発業者でもある。

出典: https://www.fullertonhotels.com/fullerton-bay-hotel-singapore

Four Seasons Hotel Singapore (フォーシーズンズホテル シンガポール)

フォーシーズンズホテルアンドリゾートは、1961年にオープンしたカナダのオンタリオ州トロントに本社を置く国際的な高級ホテルおよびリゾート会社。世界中で100を超えるホテルとリゾートを運営している。

フォーシーズンズホテルシンガポールは、20階建で部屋数は255室。 1994年にオープンして、2014年に新改装している。

受賞歴のある広東料理の名店Jiang-Nan Chun(江南春)で、本格的な飲茶や、メスキートチップを加えて薪オーブンで焼き上げたダッグにキャビアを添えた北京ダックを楽しめる。

なお一部の人が誤解しているが、フォーシーズンズはマリオットとは別会社である。

出典: https://www.fourseasons.com/singapore/

Andaz Singapore (アンダーズ シンガポール)

アンダーズはハイアットグループで、2017年12月5日/ 東南アジアで最初のホテルとしてシンガポールで六角形の窓の格子で覆われた印象的な凹面の超高層ビルのペアであるDUOにオープンした。

北京のCCTV本部での作品で有名な、数々の賞を受賞したドイツの建築家OleScheerenによって設計。住宅、小売スペース、オフィス、アンダーズシンガポールで構成される統合開発。DUOは、地下の歩行者用通路を介してMRTブギス駅に直接接続されており、市内へのアクセスがしやすい。

ハイアットは、ロサンゼルス国際空港に隣接するハイアットハウスのモーテルを購入した1957年にジェイプリツカーによって設立。 その後の10年間で、ジェイ・プリツカーと彼の兄弟であるドナルド・プリツカーは、他のプリツカー家の事業利益と協力して、会社を北米の経営およびホテル所有会社に成長させ、1962年に公開会社になった。

出典: https://www.hyatt.com/en-US/hotel/singapore/andaz-singapore/sinaz

Regent Singapore (リージェント シンガポール)

リージェントは1970年にホテル経営者のロバートH.バーンズによって設立された英国の高級ホスピタリティブランド。創業以来さまざまな所有者を経て、現在は2018年7月からIHGホテルズ&リゾーツとフォルモサインターナショナルホテルズコーポレーションがホテルと共同所有している。シンガポールでは1988年に設立された。

リージェントシンガポールは、1988年に設立され優雅な宿泊施設、受賞歴のある料理、そしてそれ以上のサービスが最も目の肥えたゲストを甘やかす静かな都会のオアシスとなっている。

設備の整った440室の客室とスイートは、静かなリラクゼーションを念頭に置いて設計されており、クラシックなスタイルとモダンな快適さのバランスが取れており、ビジネスとレジャーの両方の旅行者に理想的な環境。

出典: https://regentsingapore.com.sg

Swissotel The Stamford Hotel (スイソテル ザ スタンフォード ホテル)

70階建て、高さ226m、1,261室のホテルである。「ウェスティン・スタンフォード・シンガポール」(The Westin Stamford Singapore)として1986年に開業。当時世界で最も高いホテルであった。

しかし2002年1月、併設の「ウェスティン・プラザ」(The Westin Plaza)とともにラッフルズ・インターナショナルに売却され、傘下のスイソテル・ホテル・アンド・リゾーツのブランドとなり、「スイソテル・ザ・スタンフォード」となった。

現在シンガポールを代表するビジネスホテル。シンガポールの中心に位置し、地下鉄(MRT)シティホール駅や他の主要な交通拠点に近く、世界有数のショッピング街やレストラン街、エンターテインメント街、ビジネス街にも便利な最高のロケーションにある。

13軒のレストランとバーがあり、その中でもカーク・ウエスタウェイが腕をふるうジャーンは、ミシュランの2つ星を獲得したレストラン。

出典: https://www.swissotel.jp/hotels/singapore-stamford/

シンガポールのホテル業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. 【最新版!】シンガポールの主要電力・ガス会社12選〜建設・インフラ・環境業界〜

  2. singapore advertisement

    【デジタル広告に注目】台湾の広告業界

  3. taiwan-telecommunication

    【最新版!】台湾の主要携帯キャリア5選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  4. china-travel

    【旅行もオンライン化!?】中国の旅行業界

  5. china-media

    【積極的なテクノロジーへの投資】中国の放送・全国紙・出版業界

  6. singapore-supermarket

    【最新版!】シンガポールの主要スーパー・コンビニエンスストア12選〜流通・小売業界〜

  7. Singapore-telecommunications

    【最新版!】シンガポールの主要携帯キャリア11選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  8. 【バラエティ豊かな品揃え】シンガポールのドラッグストア業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker