【最新版!】シンガポールの主要携帯キャリア11選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

Singapore-telecommunications

今回は、シンガポールの主要携帯キャリアに焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて11社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

シンガポールの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要携帯キャリア5選〜ローカル企業編〜

Singtel (シングテル)

シンガポールテレコムリミテッドは1879年設立、一般にSingtelとして知られている。シンガポールの電気通信コングロマリットであり、シンガポール国内で運営されている4つの主要な電話会社の1つとなっている。

シンガポールで最大のモバイルネットワーク事業者であり、加入者は410万人で、子会社を通じて、2017会計年度末の合計モバイル加入者ベースは6億4000万人。

Singtelは、オーストラリアとシンガポールで大きな市場シェアを占めており、シンガポールの固定回線市場の82%、モバイル市場の47%、ブロードバンド市場の43%を占めている。

Singtelはまた、シンガポール取引所に上場されている時価総額で2番目に大きい会社であり、シンガポール政府の投資部門であるTemasek Holdingsが過半数を所有している。Singtelは、2011年に2億シンガポールドルのスタートアップ資本で設立された、Singtel Innov8子会社を通じてイノベーション企業にも積極的に投資している。

出典:https://www.singtel.com

StarHub (スターハブ)

StarHubは、1998年4月23日、シンガポールの電気通信セクターが2002年までに完全に自由化されると政府が発表したときに固定ネットワークおよびモバイルサービスを提供するライセンスを授与された。

2000年、政府は完全な自由化の日付が2000年4月1日に繰り越され、シンガポールの公共通信会社の外国所有の49%の上限が解除された時、ST Telemedia、Singapore Power、BT Group、Nippon Telegraph and Telephone(NTT)を主要株主として正式に立ち上げられた。

1999年1月21日、StarHubはインターネットサービスプロバイダーのCyber​​Wayを買収し、StarHubグループの子会社になりました。1999年12月3日に、Cyber​​WayをStarHubブランドに統合するために、StarHubInternetに名前が変更された。

StarHubは、世界クラスの通信、エンターテインメント、デジタルサービスを提供するシンガポールの大手企業。 AI、サイバーセキュリティ、データ分析、モノのインターネット、ロボット工学を組み込んだソリューションを開発し、企業や政府のクライアントに提供している。

出典:https://www.starhub.com/personal.html

M1 (エムワン)

Keppel Corporationの子会社であるM1は、シンガポール初のデジタルネットワーク事業者であり、モバイル、固定回線、ファイバー製品を含む一連の通信サービスを200万人を超える顧客に提供している。

シンガポールの2つの全国5Gスタンドアロンネットワークライセンスの1つを獲得した最初のオペレーターのひとつであり、全国的な4Gサービスを提供する最初のオペレーターでもある。また超高速固定次世代全国ブロードバンドネットワーク(NGNBN)でのブロードバンド、固定音声、およびその他のサービスもおこなっている。

1997年の商用サービスの開始以来、消費者に幅広いモバイルおよび固定通信サービスを提供し、最大10Gbpsの対称接続ソリューション、マネージドサービス、クラウドソリューション、サイバーセキュリティソリューション、モノのインターネットおよびデータセンターサービスなど、幅広いサービスとソリューションを提供。

出典:https://www.m1.com.sg

TPG Telecom (TPG テレコム)

豪州のTuasの完全子会社でシンガポールの移動体通信事業者(MNO) TPG Telecomはシンガポールで4社目の移動体通信事業者として新規参入しており、新規参入の当初よりポストペイドプランに限定して携帯通信サービスを提供してきた。

TPG Telecom Limited(旧称Vodafone Hutchison Australia Limited)は、2020年6月30日にオーストラリア証券取引所に上場した。2020年7月13日、この新たに上場した会社は、TPG Corporation Limited(旧称TPG Telecom)と合併し、2つのリソースを統合した。

オーストラリア最大の電気通信会社の1つであり、主要な挑戦者であるフルサービスの電気通信プロバイダーを生み出している。オーストラリア証券取引所に上場している2番目に大きな電気通信会社となっている。

また楽天モバイルは2020年2月、シンガポールのTPG Telecomと、同国での5G技術の提供に関する基本合意書を締結した。

出典:https://www.tpgmobile.sg/

Circles.Life (サークルライフ)

シンガポールに新たに出て来た通信会社。格安でシンプルな料金体系で、コスパが高いと一部の人に話題になっている。M1のネットワークをMVNOで利用できる。

名前に「ドット」があることで、ブラウザの上部にあるアドレスバーにCircles.Lifeと入力するとWebサイトに直接アクセスできるようになっている。名前を発音するときは、「ドット」を使わず「CirclesLife」と呼ぶ。

ゲームを変えるデジタル製品と契約のない、データに焦点を合わせたモバイルプランを通じて、顧客中心のユーザージャーニーを通じてデジタルサービス業界に革命をもたらしている。

出典:https://www.circles.life/sg/

シンガポールの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要携帯キャリア4選〜日系企業編〜

Rakuten Mobile Singapore (楽天モバイルシンガポール)

楽天モバイルは2019年シンガポールに新会社の「Rakuten Mobile Singapore Pte. Ltd.(RMSG社)」を設立した。楽天モバイルのネットワークは世界初の完全仮想化ネットワークで運用している。専用機を減らし汎用機を多く利用してネットワークの安定性やコストダウンを図ることができる。

楽天モバイルでは、同ネットワークをパッケージにし「Rakuten Communications Platform(RCP)」として、世界の通信事業者に販売しようとしている。現在日本で構築しているネットワークをテストケースにし、グローバル展開していく計画。

このシンガポールの子会社については、このネットワークを世界で展開するための研究拠点および販売・マーケティングの拠点として設立した。

今後、米国における「RCP」の販売・マーケティング拠点として、米国・カリフォルニア州に子会社の設立を計画している。

出典:https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2020/0630_01.html

SB Telecom Singapore (ソフトバンクテレコムシンガポール)

1986年設立のソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離、国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から商号変更した。

主な事業内容は、ICTソリューションの提供・運用・保守、グローバルネットワークの提供・運用・保守、ネットワーク・サーバ関連機器の販売・運用・保守、そしてデジタルマーケティングのコンサルティング・ソリューション提供である。

ソフトバンクは、5G/4G(LTE)国際ローミングの対象国・地域を2021年9月30日(木)より追加した。 今回提供を開始した国・地域では、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」を利用できるため、通信料を気にせず、安心して高速データ通信を使えるようになった。

出典:https://www.softbank.jp/biz/contact/nw/global/support/asia/

KDDI Singapore   (KDDI シンガポール)

KDDIアジアパシフィックはKDDIコーポレーションの100%子会社。 KDDI株式会社は、固定通信から携帯電話まで、あらゆる通信サービスをワンストップで提供する情報通信会社。

1961年にシンガポールに連絡事務所を設立。1989年には、KDDIの子会社であるTelecomet International Singapore Pte Ltd (TIS)を設立。1997年にはTISとKDDシンガポールリエゾンオフィスが合併し、KDD Telecomet Singapore Pte Ltd(KTS)が設立。

そして2020年11月2日付で、MVNO (仮想移動体通信事業者) としてオンラインに特化した通信サービス の運営子会社「KDDI Digital Life株式会社」を設立した。
加えて、オンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有するCircles Asia社 と同事業のサポートを目的とする包括的パートナーシップを構築することで合意した。

出典:https://sg.kddi.com

NTT DOCOMO ASIA (NTTドコモアジア)

NTTドコモアジアは2013年1月1日に操業を開始。グローバルICT関連事業の推進および日系企業等向けモバイルソリューションサービスの提供を主な事業とする。資本金は6,536,000 シンガポールドル。

エンタープライズ・マーケットに焦点を当て、シンガポールはもちろんのこと、アジア全域において、企業の業務効率化やコスト削減の役に立つモバイル・ソリューションの提供に取り組んでいる。

NTTドコモアジアでは、5Gをはじめとしたモバイルネットワークに加え、IoTやクラウドといったテクノロジー、各種アプリケーションサービスを連携させ、顧客のニーズに合ったモバイル・ソリューションを提供する。

出典: http://www.docomo-asia.com/company/

シンガポールの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要携帯キャリア2選〜外資系企業編〜

AT&T (エーティーアンドティー)

AT&T Inc.(エーティーアンドティー、American Telephone & Telegraph Companyの略)は1983年に設立された、情報通信・メディア系を中心とする米国の多国籍コングロマリットの持株会社。

シンガポールは、AT&Tの東南アジア地域本部となっていて、シンガポールのローカル、地域、および国際的な企業に高品質のネットワーキングソリューションを提供することに取り組んでいる。

現在、AT&Tシンガポールには、販売およびプリセールス、マーケティング、人的資源、財務、世界規模の顧客サービス、サービス提供、およびサービス保証がある。経験豊富なエンジニアが実施する幅広いサービスを提供している。

AT&Tは、シンガポールに3つのノードを持つ高度なマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)ネットワークに投資した。シンガポールの他の施設には、インターネットデータセンターとグローバルカスタマーサポートセンターがあり、世界中の顧客にカスタマーサポートを提供している。

出典: https://www.corp.att.com/worldwide/att-you-singapore/

Verizon Singapore (ベライゾンシンガポール)

ベライゾン・ワイヤレスは、2000年4月4日に設立され、アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 ベドミンスターに本社がある。

アメリカ合衆国の加入者数第一位の携帯電話事業者。ベライゾン・コミュニケーションズの完全子会社。2018年9月末での加入者数は、約1億5397万人。CDMAおよびFD-LTEオペレータとしても世界最大級となっている。

テクノロジー、通信、情報、エンターテインメント製品の世界有数のプロバイダーとして、ベライゾンは5G、IoT、AIの取り組みを通じて、人、企業、物事のつながり方を変革している。

Verizon Singaporeの従業員は、クライアントと協力して販売を促進し、最高のグローバルソリューションを開発するよう努力している。

出典: https://www.verizon.com/about/careers/locations/singapore-sg

シンガポールの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. 【中国の国潮】中国のZ世代が注目する「国潮」ブームを解説

  2. singapore-fastfood

    【デリバリーとの競争激化】シンガポールのファストフード業界

  3. singapore‐travel

    【最新版!】シンガポールの主要旅行会社11選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  4. Singapore‐shopping

    【最新統計と企業動向からみる】シンガポールのアパレル業界

  5. thai-telecommunications

    【ネットワーク回線の発展】タイの携帯電話事業者業界

  6. singapore-furniture

    【ここでしか読めない】シンガポールの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界事情

  7. china-hotel

    【米資本が進出!】中国のホテル業界

  8. singapore-law-firm

    【最新版!】シンガポールの主要法律事務所13選〜金融・法人サービス業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. singapore-cosmetics
  2. singapore-private-banker
  3. vietnam-bank
  4. singapore-pharmacy
  5. Indonesia-motorbike