【最新版!】ベトナムの主要広告代理店18選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

vietnam-advertisement

今回は、ベトナムの主要広告代理店に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて18社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

ベトナムの広告業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要広告代理店8選〜ローカル企業編〜

Hai Lien Marketing Communications (ハイ・リエン・マーケティング・コミュニケーションズ)

2000年創業。主な事業は主に法人顧客向けのマーケティング支援や広告制作などである。同社の主な顧客は国営企業やベトナムの大手企業(銀行)、中小企業、個人及びヒルトングループなどの外資系企業等である。本社はハノイ市、ホーチミン市に支店を置いている。

同社で取り扱っているマーケティング用贈答用高級ギフトは陶器で有名なバッチャン村の陶器や竹、シルク等を使用した商品が多く、顧客の希望に合わせて上記以外の商品を含めたハイエンドの贈答用高級ギフトに強みを持っている。

出典:https://hailien.vn/

VCCorp (VCコーポレーション)

2006年設立。同社はローカル最大手のオンライン広告代理店。同社の主な事業は電子取引及びソーシャルゲーム事業等である。2,000名以上の従業員を抱えている。ハノイ市に本社、ホーチミン市に支店を置いている。

同社はベトナム国内の5,000万人以上のインターネットユーザー、3,500万人以上のモバイルユーザーにサービスを提供している。

同社ではベトナム国内で7つのニュースサイト(kenh14.vn、soha.vn、cafef.vn、cafebiz.vn、afamily.vn、gamek.vn、autopro.vn等)を展開しており、政治や社会、エンターテインメント、ライフスタイル、投資、ビジネス、母親及び赤ちゃんの分野のベトナム人のメディア読者の90%を獲得している。

出典:: https://vccorp.vn/

24h Online Advertising (24hオンライン・アドバタイジング)

2004年6月設立。ローカルの大手オンライン広告代理店。同社はベトナムで最も人気のWebサイト(24h.com.vn、Eva.vn、Nhac.vui.vn)を複数運営しており、ベトナムの2大求人サイト(Timviecnhanh.com、vieclam24h.com.vn)も運営している。本社はハノイ市、ホーチミン市に支店を置いている。従業員は500名以下。

同社ではVideo AdやPR Article、Native Ad、Graphic Ad Deskopなどのサービスを提供しており、同社のサービスを利用するとベトナム国内のオンラインメディアでニュース等の情報を掲載した際に適切的な広告を入れてもらえる。

同社ではベトナムの数多くの大手企業や有名企業にサービスを提供しており、ベトナム最大の広告プラットフォームと評価されている。

出典:https://www.24h.com.vn/

VNG corporation (VNGコーポレーション)

2004年設立。同社はベトナム発の大手メッセージアプリ(Zalo)や様々なオンラインゲーム(VLTK Mobile、Crossfire …)、電子決済(Zalo Pay)、クラウドサービス(VNG Cloud)、ニュースメディア(Zing News)等を提供している。ホーチミン市の本社には大規模な研究開発拠点(VNG campus)が併設されている。

同社はベトナムを含めた世界5か国で11箇所の事務所を展開しており、グローバルで3,200名以上の従業員を抱えている。また、タイやシンガポール、インドネシアなど多くの東南アジア諸国に拠点を置いている。

同社の年間売上額は約5兆1780億VND(2019)であった。また、同社はベトナム国内の有力スタートアップにも積極的に投資をしている。

出典:https://www.vng.com.vn/

ベトナムの広告業界 業界地図はこちら!

Clever Advestising (クレバー・アドバタイジング)

2008年設立。ハノイ市に本社、ダナン市やホーチミン市に支店、インドネシアやフィリピンに海外支店を置いている。同社はGoogleやFacebookと提携し、オンライン広告サービスを展開している。

日本のサイバーエージェントが同社の21%の株式を保有している。同社の主なクライアントはベトナム国内外の様々な業界の大手企業が中心でアジア太平洋地域で4,302社・個人の顧客を抱えている。

同社はベトナムのデジタルマーケティング分野のトップ企業でサーチエンジンやディスプレー広告、ソーシャル・メディア、Eメールマーケティング、グーグルAppなどに関係する広告関連サービスを幅広く提供している。

同社はベトナム国内で初めてFacebookの認定パートナー、ベトナムで初めてのGoogleのハイレベル認定パートナーに選ばれた。

出典:https://cleverads.vn/vi/trang-chu.html

Vietba Media (ヴィエトバ・メディア)

1999年設立。同社はベトナムの広告及びメディア大手企業TOP10社の1社。主な事業はコミュニケーション戦略に関するコンサルティング、デジタルマーケティング、屋外広告、テレビ制作などのサービスを提供している。本社はハノイ市、ホーチミン市及びカインホアに支店を置いている。

同社では数多くの評価が高いテレビ番組の著作権を所有している。同社はDAFやP&G、Vifon Acecook、LOTTE Mart、Viettel、Coop Mart、Unilever、Mobifone、Vinaphoneなどのベトナム及び海外の大手企業から信頼できるパートナーに選ばれている。また、ホーチミン市警察、ANTG、ベトナムゴルフマガジン等のベトナムの大手新聞などに広告を掲載する独占権利も保有している。

出典:www.vietbamedia.com.vn

Cát Tiên Sa (キャット・ティエン・サ)

1999年設立。同社はベトナムのエンターテインメントメディア市場の大手コンテンツプロデューサーの1社。 主な事業は音楽パフォーマンスプロデュースやテレビ番組制作、広告、イベント関連の企画・運営等である。ホーチミン市及びハノイ市に拠点を置いている。

同社はベトナム国内のテレビ局と協力して視聴者を魅了する数多くのテレビ番組を制作している。また、同社では広告キャンペーンやテレビキャンペーン、外部広告などを手掛けている。

同社の取引先はOPPOやrealme、Vingroup、Unilever、Masan Group、Samsung、Honda、P&G、Coca Cola、Rohto、Ford、Nestle、Vinamilkなどのベトナム内外の大企業が中心。

出典:https://cattiensa.com/#gioithieu

GOLDEN LOTUS ADVERTISING COMMERCIAL (ゴールデン・ロータス・アドバタイジング・コマーシャル)

2006年設立。同社の主な事業はプロモーションイベントの企画及び運営、コミュニケーション戦略に関するコンサルティング、ラジオやテレビ、新聞の広告、テレビやラジオ番組の制作。従業員は160名以上。本社はホーチミン市。

同社はベトナム国内で、ベトナム映画祭やミスベトナム、さくら美人コンテストを含めた大規模な有名イベントの企画、運営等を手掛けてきた実績あり。

出典:http://tuyendung.senvangvn.com/

ベトナムの広告業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要広告代理店4選〜日系企業編〜

電通 (Dentsu Vietnam)

2003年設立。日系大手広告代理店(株式会社電通)のグループ会社。同社では主に日系大手企業向けのマーケティン支援や広告制作等を行っている。主なクライアントはトヨタ自動車、ヤマハ、味の素、花王などの大手日系企業である。本社はホーチミン市

同社では積極的にベトナム国内のローカル同業他社への出資や買収を行っており、2019年は独立系デジタルメディアエージェンシー(Ambient Digital Advertising Service:ホーチミン市)及び独立系デジタルクリエーティブエージェンシー(Redder Advertising :ホーチミン市)の2社の全株式を取得し、子会社化した。

出典:https://www.dentsumb.com/en-vn

博報堂 (HAKUHODO VIETNAM)

2001年ベトナム進出。日系大手広告代理店(株式会社博報堂)のグループ会社。主な事業はマスメディア向け広告、市場調査、コミュニケーション戦略支援、イベント プロモーション等を含めた広告やマーケティング全般である。

ホーチミン市及びハノイ市に複数のグループ会社が拠点を置いており、ホーチミン市内には11社、ハノイ市内には2社が拠点を置いている。

2020年1月にベトナム国内でのデジタルビジネス拡大を加速するため、「Hakuhodo Digital Vietnam」を新たに設立した。同社ではデジタルマーケティング領域において、デジタル戦略の立案、クリエイティブ開発からメディアプランニング/購入/コンテンツ事業までワンストップで手がけている。

出典:https://www.hakuhodo.co.jp/about/network/overseas/

ADK (Asatsu-DK Vietnam)

日系大手広告代理店(株式会社ADKホールディングス)のグループ会社。主な事業はベトナム国内での動画や印刷物を含めたマスメディア広告支援、コミュニケーション支援、 ブランディング支援等である。ホーチミン市内に拠点を置いている。

同社はホンダや三菱、INAXなどの大手日系企業をクライアントとして抱えている。

ベトナム国内でのローカル企業の買収等も積極的に行っており、2020年にベトナムのローカルのデジタルエージェンシー(VietBuzzAd)を買収し、社名をVBAに変更した。同社では現在ベトナム国内で4社(Asatsu-DK Vietnam Inc.、CLICKONE Film Joint Stock Company、VBA:VTP Vietnam、DIK Vietnam)が事業を行っている。

出典:https://www.adk.jp/about/oversea/

サイバーエージェント (CA ADVANCE VIETNAM)

2014年設立。日本の大手インターネット広告代理店(株式会社サイバーエージェント)のグループ会社。主な事業はインターネット広告運用業務、クリエイティブである。ホーチミン市に拠点を置いている。従業員数は265名(2019年9月時点)。

同社ではGoogleやFacebookなどのインターネット広告の専門運用会社として、最先端かつ最高品質のサービスを提供している。また、同社の従業員は外国人スタッフを含めて全員日本語でのコミュニケーションが可能である。

出典:https://www.ca-adv.vn/vi/

ベトナムの広告業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要広告代理店6選〜外資系企業編〜

WPP (ダブリューピーピー)

イギリス系大手広告代理店のベトナム法人。同社ではベトナム国内で29箇所のオフィスを展開しており、本社はホーチミン市。

同社ではベトナム国内の同業他社への出資や買収を積極的に行っている。2009年にベトナムの広告会社(Smartmedia)に20%出資した。また、同社メディア部門(GroupM)がベトナムでメディアやエンターテイメント企業(Datviet VAC Groupholdings)傘下の3つの子会社に出資を行った。2011年にはホーチミン市を拠点に活動していたベトナムの大手デジタル広告代理店(2005年創業:WhoDigital)の過半数の株式を取得した。

同社ではHSBC、ペプシコ、フォード、ノキア、ジョンソン&ジョンソン、メガスター、ソニーエリクソンなどの海外の大手企業等を顧客として抱えている。

出典: https://www.wpp.com/

Omnicom (オムニコム)  

アメリカ系最大手の広告代理店(Omnicom)のベトナム法人。2009年にベトナムに進出し、2013年から本格的に事業を開始した。本社はホーチミン市。

ベトナム法人ではBiere Larue、Vinamilk、HT mobile、Adidas、MTV、TigerPalmなどの大手企業をクライアントとして抱えている。

出典: https://omnicommediagroup.com/

INTERPUBLIC (インターパブリック)

アメリカ系大手広告代理店(INTERPUBLIC)のベトナム法人。ベトナム国内ではDraftfcb、Initiative、Lowe、UMの4つの子会社のブランドでビジネスを展開している。ベトナムではネスレやクレア、オモ等を含めた大手外資系企業の製品のマーケティングを担当している。本社はホーチミン市。

同社の主な事業は消費者向けの広告、デジタルマーケティング、コミュニケーションプランニングなどである。

出典: https://www.interpublic.com/

Facebook (フェースブック)

同社はアメリカの大手SNS運営事業者。同社はベトナムのオンライン広告市場で売上トップ(2.35億ドル/2018年)を誇る。ベトナム国内には6,000万人以上のユーザーを抱えている。

また、近年は文字や写真だけではなく、短編動画のプラットフォームとして利用される割合が高まっている。データ解析を手掛ける企業(WARK社)の調査では、ベトナム国内で視聴される3分~10分以下の短編動画の87%がFacebook経由で視聴されている。

同社はベトナム国内にオフィスを設置せずに事業を展開しているため、ベトナム政府から個人データの収集や管理、ベトナム国内での広告収入に関する税金を支払っていない等について様々な指摘を受けていたが、 2018年にオンライン広告会社に対する規制が強化されたのに伴い、2018年以降は同社もオンライン広告収入に応じた税金を支払っており、同社では2018年~2021年末までに約88億円の税金を支払った。

出典: https://www.facebook.com/

Google (グーグル)

同社はアメリカ系の大手インターネット検索/オンライン広告会社。同社はベトナム国内のオンライン広告市場で第2位(1.521億ドル/2018年)の売上を誇る。

同社はベトナム国内にオフィスを設置せずに事業を展開しているため、ベトナム政府から個人データの収集や管理、ベトナム国内での広告収入に関する税金を支払っていない等について様々な指摘を受けていたが、ベトナムで2018年にオンライン広告会社に対する規制が強化されたのに伴い、2018年以降は同社もオンライン広告収入に応じた税金を支払っており、同社では2018年~2021年末までに約83億円の税金を支払った。

同社が運営に関わっているWebサイトはベトナム人に非常によく利用されている。2021年時点で同社の検索サイト(Google.com)がベトナムで最も利用者が多く(訪問者:10.8億人/年)、同じくGoogle傘下のYoutubeが3番目に利用者が多く(訪問者:2.66億人/年)、同社のベトナム版の検索サイト(Google.com.vn)が8番目に利用者が多かった(訪問者:1.99億人/年)。

出典: https://about.google/

AVC Edelman (エイ・ヴィ・シー・エデルマン)

2000年設立。同社はベトナム企業として設立されたが2012年にアメリカのEdelman Public Relations社に買収された。ホーチミン市に拠点を置いている。従業員の平均年齢は28歳、従業員は40名以上。

同社の主な事業は消費者と企業のコミュニケーション支援、戦略的マーケティング支援、メディアリレーションズ支援、クリエイティブソリューション支援などを幅広く手掛けている。

また、政府機関やテクノロジー企業、ヘルスケア企業を含むFMCG業界向けのデジタルサービスの分野で非常に豊富な経験を持っている。

出典: https://www.edelman.com/offices/ho-chi-minh-city

ベトナムの広告業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. china-advertisement

    【中国企業の海外進出による需要の増加】中国の広告業界

  2. thailand-telecommunications

    【最新版!】タイの主要携帯キャリア4選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  3. vietnam-hotel

    【各方面からの表彰】ベトナムのホテル業界

  4. indonesia-advertisement

    【国外との活動が活発】インドネシアの広告業界

  5. 【中国の信用スコア】芝麻信用の仕組みや実際の活用事例を解説

  6. thai-media

    【デジタルメディア領域の事業拡大】台湾の放送・全国紙・出版業界

  7. vietnam-food

    【最新版!】ベトナムの主要加工食品メーカー16選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  8. vietnam-alcohol

    【最新版!】ベトナムの主要酒類製造メーカー17選〜飲食・製造業(食品)業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy