【最新版!】ベトナムの主要携帯キャリア15選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

vietnam-telecommunications

今回は、ベトナムの主要携帯キャリアに焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて15社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

ベトナムの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要携帯キャリア10選〜ローカル企業編〜

Viettel Telecom (ベトテルテレコム)

1989年設立。同社はベトナム最大手の通信事業者であり、ベトナムで最大の通信ネットワークを所有している国防省傘下の国営企業。同社の主な事業は電気通信及びIT関連事業、電気通信機器の研究及び製造、防衛関連事業、ネットワークセキュリティ事業、デジタルサービス事業等である。本社はハノイ市。

同社はベトナムを含む11カ国の国や地域でサービスを提供している。アジアやアフリカ、南米で2億7000万人以上の顧客にサービスを提供している。特にカンボジアやラオス、東ティモール、ブルネイ、ミャンマーでは通信市場でトップシェアを獲得している。

同社の傘下には14の子会社及び9の関連会社があり、グループ全体で50,000名以上の従業員を抱えている。グループ内で4社がベトナムで上場している。同社の年間売上額は274兆VND(2021年、前年+3.3%)、年間利益額は40.6兆VND(2021年、前年+2.0%)であった。

同社のブランド価値は87億5800万USDでベトナムを含むASEAN地域の通信事業者では1位、アジア地域では2位、世界18位にランクインした。

出典:https://viettel.com.vn/vi/

MobiFone (モビフォン)

1993年設立。同社は国内第2位の通信事業会社。ベトナム国内に通信市場の30%以上を占めているベトナム政府(情報通信省)傘下の大手国営企業(非上場) 。

主な事業は電気通信サービス、VAS、インターネット及びテレビ向けIPTV/ケーブルTVサービス、情報技術サービス、その他小売及び流通サービス、海外投資事業などである。特にモバイル向けのサブスクリプション市場では長年TOPシェアを維持しており、約5,000万人の顧客を抱えている。モバイルマネーや5Gサービスなど最新の技術・サービスも積極的に導入している。

同社ではベトナム国内の9エリアで9つのサービス会社及び11のリサーチセンターを含む20の子会社及び4つの子会社がある。グループ全体で4,000名以上の従業員を抱えている。

同社の年間売上額は31兆0990億VND(2021年)、税引前利益額は約4兆9,600億VND(2021年)であった。本社はハノイ。

出典:https://www.mobifone.vn/

VinaPhone (ビナフォン)

1996年設立。同社は国内第3位の通信事業者。同社はベトナム郵政公社(VNPT)傘下の国営企業。同社では7,000名以上の従業員を抱えており、103,000箇所を超える営業拠点を展開している。また、ベトナム全土の63省・市に100,000を超えるBTSステーション(2G / 3G / 4G)を展開している。同社では2020年からハノイとホーチミン市で5G通信サービスをベトナムで初めて提供した。

同社の主な事業はモバイル通信サービス(ベトナム国内で3400万人以上の顧客を抱える)、固定ブロードバンドサービス(ベトナム国内の固定インターネット通信市場の90%、ブロードバンド通信市場の45%を占めている)、インターネットテレビサービス(100万人以上の顧客を抱える)、デジタルサービスなどである。

同社では日系のクレジットカード会社(JCB)等とも提携している。同社の年間売上額は42兆VND以上、税引後利益額は1兆3950億VNDであった。本社はハノイ。

出典:https://vinaphone.com.vn/

Vietnamobile (ベトナモバイル)

2009年設立。国内第4位の大手通信事業者である。同社は中国系企業(CKHutchison Holdings)の支援で設立されており、同社のグループ会社として経営されている。主な事業はモバイルネットワークサービス、デジタルサービス等を提供している。本社はハノイ。

同社はベトナム国内及び海外で通信事業を展開しており、主に若者を狙ったビジネスを展開している。同社ではベトナム国内の通信市場の約3.6%(約450万人)を占めており、37省・市でサービスを展開している。

同社はベトナム国内で7,345箇所の基地局を設置しており、ハノイやダナン、ホーチミン市を含めた全国に178の営業拠点を展開している。

同社の年間売上額は約1兆9,400億VND(2020年、前年比+67%)、年間利益額は約570億VNDであった。同社のサービスはベトナム国内に加えて韓国や米国、カナダ、香港、シンガポール、ラオス、カンボジア、中国、インド、ミャンマー、オーストラリア、ドイツ、日本、台湾などでも利用できる。

出典:https://www.vietnamobile.com.vn/

FPT Telecom (FPTテレコム)

1997年設立。同社はベトナムの大手民間IT企業(FPTグループ)のグループ傘下の通信会社。主な事業はブロードバンドインターネットサービス、モバイルサービス、有料テレビサービス向けの通信ネットワークインフラ機器の提供、通信機器やインターネット関連製品の輸出入等である。本社はハノイ市。

同社はベトナム国内の固定地上通信サービス市場で11.44%のシェアを獲得している。近年では2015年から2020年の5年間で売上額及び利益額共に堅調に増加しており、5年間の平均成長率は13%であった。年間売上額は12兆6,860億VND(2021年)、税引前年間利益額は2兆7,740億VND(2021年)、税引後利益額は1兆9,150億VND(2021年)であった。同社の2021年末の総資産は21兆0490億VNDであった。

同社は電気通信分野及びIT分野で国内外で様々な賞を受賞している。ベトナム国内の61省・市で事業を展開しており、316箇所の営業拠点、約60箇所の支店を運営している。また、カンボジアで12支店、ミャンマーでも1支店を運営している。全国で約9,000名以上の従業員を抱えている。2016年にベトナムの新興市場(Upcom)に上場した。

出典:https://fpt.vn/vi

ベトナムの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

GTEL Mobile (ジテルモーバイル)

2008年設立。同社はベトナム政府(公安省)が運営するGlobal Telecommunications Corporation傘下の大手通信会社。同社はベトナム国内の携帯電話市場の0.4%(約50万人)を占めている。

同社はGSM/EDGEテクノロジーを利用したモバイル通信サービスのプロバイダー及びオペレーターである。同社はアルカテル・ルーセントやエリクソン、ファーウェイ、コンバース、IBMなどの世界中の主要通信企業と協力・提携しており、同社のネットワークでは上記企業等から購入した世界最先端の機器が導入されている。

同社ではベトナム国内の51省・市でサービスを提供している。特にベトナム南部地域でサービスを拡大しており、単月で100箇所以上の基地局や約500箇所のBTS基地を設置した。本社はハノイ。

出典:http://gmobile.vn/

Indochina Telecom (インドシナテレコム)

2008年設立。不動産開発や水力発電、エネルギー等を幅広く展開している大手民間企業(BITEXCOグループ)傘下の通信会社。同社では2009年8月にベトナム政府(情報通信省)から通信事業者(MVNO)設立の承認を受けていたが、2019年から他社の通信インフラ環境を借り受けてサービスを開始した。

同社の主な事業はモバイルネットワークITELサービス、固定通信サービス、その他の電気通信サービスを含む電気通信サービスのネットワーク構築等である。

同社では公共セクター(個人、企業、政府機関など)の電気通信分野で主要なサービスプロバイダーの1社になることを目指している。本社はハノイ。

出典:https://itelecom.vn/

Mobicast (モビキャスト)

2016年設立。同社はMVNOの分野のスタートアップ企業である。2019年に同社のブランドを“Reddi”に設定し、MVNOネットワークの運用に必要なライセンスを正式に取得した。本社はハノイ市。従業員は150名程度。

同社ではベトナムの政府系大手通信事業者(VNPT Telecommunications Group)の通信インフラ設備を利用してサービスを提供している。主に若者をターゲットに事業を展開している。

同社は2021年にベトナムの大手複合企業(Masan Group)から約3,000億VNDを調達した。同社へ投資を行ったベトナムの大手複合企業(Masan Group)が全国で数千店舗を展開している大手小売店(VinMart+、Vinmartなど)などで同社のサービスを契約できる。

出典:https://www.mobicast.vn/

VNPAY (ブイエヌペイ)

2007年設立。ベトナムでの電子決済のリーディングカンパニーとして設立された。同社では2021年5月に日本のみずほ銀行等から約2億USDの資金調達を行いベトナムで2社目のユニコーン企業になった。従業員は500名以上。本社はハノイ市。

国内では様々な金融機関やIT通信事業者、ECサイト等と提携し、QR決済サービスを提供しており、都市部を中心に2,000以上の店舗で同社の決済システムが利用出来る。

2022年4月に同社の子会社(Digilife Vietnam Digital Services)がベトナム政府から仮想移動体通信ネットワークの構築や移動通信サービスの提供に関する許可書を取得した。仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator=MVNO)として無線通信回線設備を開設・運用せずに、既存の通信事業者のインフラを利用して自社ブランドで携帯電話などの移動通信サービスを展開する準備を進めている。

出典:https://vnpay.vn/

ASIM Telecommunication (ASIM テレコミュニケーション)

2019年設立。同社はベトナムで8番目のモバイルネットワークである“LocalMobile Network”の開発及び運営をしている事業者。従業員は200名以下。本社はホーチミン市。

同社では月間の通信量に応じた3つのSIMカードプラン(90GB~150GB)を提供している。また、オリジナルのスーパーアプリを自社で開発・提供しており、アプリ経由で旅行やECサイト、チャット、ライドシャア、ニュース等のサービスを提供している。

同社のサービスの特徴は4G環境で非常にリーズナブルな価格設定で、データ通信量が多く(90GB~150GB)、ベトナム全土で利用できる事である。

出典:https://asimtelecom.vn/

ベトナムの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要携帯キャリア3選〜日系企業編〜

NTT DoCoMo Vietnam (NTTドコモベトナム)

2007年設立。同社は5200万人以上の顧客に通信サービス等を提供している日本の大手通信会社(NTT DoCoMo)のベトナム法人。主な事業はベトナム国内での情報収集や事業機会発掘、ベトナム政府や政府関係機関、ベトナム企業等との関係構築、関係強化等に取り組んでいる。本社はハノイ市。

ベトナム法人は日本人を含めた4名のスタッフで運営されており、ベトナム以外にラオスやカンボジアでの事業も管理している。

同社は2011年にベトナムでのコンテンツ配信等のサービス強化を目的にベトナムの大手IT企業(VMG Media Joint Stock Company:VMG)の発行済株式の約25%を約3,700億VND(約14億円)で取得した。

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/about/group/oversea/

SoftBank Telecom Vietnam (ソフトバンクテレコムベトナム)

2012年設立。同社は日本の大手インターネット関連企業であるソフトバンク株式会社のベトナム法人。ベトナム法人の資本金は25,302.5百万VND。ハノイ市とホーチミン市に拠点あり。

ベトナム法人の主な事業はICTソリューションの提供及び運用、保守、グローバルネットワークの提供及び運用、保守、ネットワーク・サーバ関連機器の販売及び運用、保守、デジタルマーケティングのコンサルティング、ソリューションの提供などである。

出典:https://www.softbank.jp/biz/contact/nw/global/support/english/asia4/

KDDI Vietnam (KDDIベトナム)

2000年設立。同社は日本を中心に固定通信及びモバイル通信まで総合的なサービスを提供しているKDDI株式会社のシンガポール法人が100%出資で設立したベトナム法人。本社はハノイ市、ホーチミン市やドンナイ省、ハイフォン市、ヴィンフック省に支店を置いている。従業員は293名(2021年3月現在)。

ベトナム法人の主な事業内容はシステムインテグレーション事業(ITインフラの提供、ソフトウエアの提供、業務アプリの販売、ITコンサルティング、データセンターサービスの提供等)である。ベトナム法人では293名の従業員が働いている。KDDIグループでデータセンター事業等をグローバルに展開しているグループ会社(TELEHOUSE INTERNATIONAL)のベトナム法人がある。

出典:https://vn.kddi.com/vi/

ベトナムの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

ベトナムの主要携帯キャリア2選〜外資系企業編〜

AT&T Vietnam (AT&Tベトナム)

世界最大のアメリカの大手携帯電話事業者(AT&T社)のベトナム法人。2006年にベトナム進出。ベトナム国内の通信会社等と協力し、MPLS(マルチプロトコルラベルスイッチング)サービスを中心にビジネスを展開している。ハノイ市及びホーチミン市に拠点あり。

同社では主にベトナムに進出している海外の多国籍企業やベトナムの大手企業等に高度なネットワーキングサービスを提供している。

出典: https://www.corp.att.com/worldwide/att-you-vietnam/

China Mobile International Viet Nam (チャイナモバイルインターナショナルベトナム)

2019年設立。現在世界最大のネットワーク規模、最大の顧客基盤、ブランド価値、および最高の市場価値を持つ通信事業者である。中国最大の通信事業者(China Mobile)のベトナム拠点。ベトナムにおけるChina Mobileのサービスの支援などを行っている。ハノイ市に拠点あり。

出典: https://www.facebook.com/China-Mobile-International-Viet-Nam-105782134280876/

ベトナムの携帯電話事業者業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. malaysia-telecommunications

    【通信速度世界基準超え】マレーシアの携帯電話事業者業界

  2. vietnam-beverages

    【東南アジア最大のビール消費国】ベトナムの酒類業界

  3. thailand-hotel

    【最新版!】タイの主要ホテル15選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  4. vietnam-insurance

    【最新版!】ベトナムの主要保険会社22選〜金融・法人サービス業界〜

  5. Vietnam-medicaldevices

    【最新版!】ベトナムの主要医療機器メーカー17選〜医療・介護業界〜

  6. 【最新版!】ベトナムの主要ホテル23選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  7. vietnam-celemony

    【伝統を守る】ベトナムの冠婚葬祭トレンド

  8. 【ベトナムのキャッシュレス】主要QR決済6選とキャッシュレス浸透状況を解説

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker