【最新版!】フィリピンの主要旅行会社17選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

今回は、フィリピンの主要旅行会社に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて17社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

フィリピンの旅行業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要旅行会社11選〜ローカル企業編〜

Far Travel(ファー・トラベル)

ファー・トラベル株式会社は1983年に設立され、国際航空運送協会(IATA)に加盟することで主要航空会社の航空券を発券できるようになった。以来、独占的な質の高いサービスを提供する本格的な旅行代理店へと進化を遂げた。ファー・トラベルは、フィリピン旅行業協会(PTAA)、フィリピン国際航空運送協会(PIATA)、太平洋アジア旅行業協会(PATA)、フィリピン旅行業協会(PHILTOA)など、数々の有名な団体に加盟している。

KLMオランダ航空、フィリピン航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、クアタール航空、エミレーツ航空、タイ国際航空、ノースウエスト航空、エティハド航空、ルフタンサ航空、エアカナダ、ベトナム航空、マカオ航空の正規発券代理店である。

航空券の予約や発券、ビジネスや観光を目的としたシンプルなツアーからユニークな目的地までの特別ツアー、ホテル宿泊、ショッピング、エンターテイメント、レンタカーなど、国内外の旅行サービスを専門的に取り扱っている。同社の特権的な顧客として、すべての通常航空券に特筆すべき割合の法人割引が適用され、制限付き航空券にインセンティブが提供される。企業規模:社員数25名、売上500万ドルクラス。

出典:https://www.fartravel.ph/

Blue Horizon Travel & Tours (ブルーホリゾントラベル&ツアーズ)

Blue Horizo​​ns Travel&Tours,Inc.は、1981年に設立され、ヨーロッパ、オーストラリア、ロシア、中国、アメリカ、インド、中東のクライアント向けにフィリピンを代表するDMCの1つである。国際間で管理され、その能力と信頼性で最高の評判を確立している。同社は、カラクベイ賞、フィリピンの「ベストインバウンドオペレーター」としての全国観光賞、フィリピンのベスト旅行代理店としてのTTG賞を3回受賞している。

インバウンド部門は、ヨーロッパ、中東、アジアの大手ツアーホールセラーのフィリピンにおけるグランドハンドリングを担っている。アウトバウンド部門は、IATAの認定を受けており、企業や団体の顧客に包括的な海外旅行サービスを提供している。

卓越したサービス、有能なマーケティング、大胆な製品開発、競争力のある料金への取り組みが、会社の成長に貢献している。マニラ、セブ、ボラカイのオフィスとボホールの補助機関総勢約80人のスタッフがいる。

出典:https://www.bluehorizons.travel/

Adkins Travel Agency (アドキンストラベルエージェンシー)

ADKINS TRAVEL AGENCY,INCORPORATEDは、50年以上事業を展開しており、国内外の大手航空会社と強力なビジネス関係を構築している。フィリピンのマニラにある534 United Nations Avenueにあり、観光案内所、旅行代理店の事業サービスを提供している。

同社はフィリピンの旅行代理店として、国内および海外旅行を担当し、提携企業のパッケージツアーのほか、独自の旅行計画や航空券やホテルの予約も行っている。また、団体旅行などの個人からの要望にも柔軟に対応する。

サービス内容は、卸売業者、小売業者、インバウンド、アウトバウンド、発券のみである。現在、以前発信していたホームアドレスは閉鎖し、https://www.facebook.com/adkins.com.ph/で情報発信をしている。

出典:https://bit.ly/34S6GM6、https://bit.ly/362KsI5

Rajah Travel Corp (ラジャトラベル・コーポレション)

1972年設立のRajah Travel Corporation(RTC)は、50年間旅行者に対するサポートを続け、旅行業務の多様性の開発と促進において最前線に立ってきた。RTCはフィリピン人が所有する会社として、ホスピタリティと独自のサービスラインで成長してきた。現在は、会長兼社長であるAileen Clementeに代表される第2世代のリーダーシップによって、旅行関連サービスの「ワンストップショップ」を提供する。

同社は、ニューノーマルを迎え、旅行ビジネスの全範囲と今後の旅行サービスをカバーするという点で、世界の他の地域との競争力を維持する方針を打ち立て、各地域とのパートナーシップをさらに強化している。

また同社は、1982年からInsight Vacationsと1997年からContiki Tours International Limitedであり、ヨーロッパで2つの最大の大型バス事業者のフィリピンの総販売代理店である。その他にもLuxury Gold、Uniworld Cruises、U by Uniworld、Contiki、Emirates Dubai Experiences、HeartofAlsaceのフィリピン総合販売代理店でもあり、広いネットワークを保有している。企業規模:売上1240万ドル、社員数126名。

出典:https://www.rajahtravel.com/about_us、https://bit.ly/3u7bQwi

Marsman Drysdale Travel Inc (マーズマン・ドライスデール・トラベル)

1979年設立、Marsman Drysdale Travel Inc.(MARSMAN DRYSDALE TRAVEL INC。)は、Marsman-Drysdale Group傘下の企業の1つであり、フィリピンを代表する旅行およびツアー会社である。Marsman Drysdale Travel Inc.は、クライアントの増大するニーズに対応するために、重要なビジネス戦略の一環として、国際的な旅行ネットワークと提携している。

2019年、同社は、80か国以上に及ぶ多様な部門とブランドとの提携を行い、現在も急速に成長している。80か国6,000以上の会社と連携し、フランチャイズ、提携の旅行代理店を通じて運営されているTravel Leaders Networkの独占的なフィリピンのパートナーとなっている。

同社は他にも国際航空輸送協会や観光省などの規制当局、地元の業界団体、国際および国内の航空会社などの戦略的パートナー、国内および国際的なホテルチェーン、輸送プロバイダー、ツアーオペレーターと提携し、そのネットワークの広さが会社の強みである。社員数:40名

出典:https://marsmantravel.com.ph/about/

フィリピンの旅行業界 業界地図はこちら!

Uni-Orient Travel Inc (ユニオリエント・トラベル)

1976年に設立されたユニオリエントは、フィリピンを代表する旅行代理店、ツアーオペレーターとして知られている。マニラのチャイナタウンからスタートしたユニオリエントは、フィリピン国内はもとより、海外の戦略的な拠点にも進出している。

旅行業界で有名となり、売上高も比例して増加。フィリピン航空、キャセイパシフィック航空、中国南方航空、チャイナエアライン、エバー航空、大韓航空、アシアナ航空、シンガポール航空、デルタ航空などの航空会社からトップセールス賞など数々のアワードを受賞している。また、フィリピン航空から6年連続でダイヤモンド賞を受賞している。

ユニオリエントの成功は、快適性、利便性、満足度、安全性を確保しながら、顧客一人ひとりに合った旅行商品とサービスを提供し、顧客に最高の旅行体験を提供することである。アジア危機の際には、景気と逆行する形でエアマカオの総販売代理店となるために、別の会社マックエアサービス株式会社を設立するなどベンチャー魂の旺盛な企業である。企業規模:社員数82名

出典:https://www.uniorient.com/about

REGENT TRAVEL CORPORATION (リージェントトラベル)

1988年に設立されたREGENT TRAVEL CORPORATIONは、フィリピンの旅行業界、特にマリントラベルのリーダーの1つとしての地位を確立した。開示業界の選任として、船員の旅行の複雑さを念頭に置いて、専任の有能なチーム構成は、すべての旅行要件が最も競争力のある料金で効率的に満たされることを保証している。

リージェントトラベルは、フィリピン海上旅行代理店協会(PMTAA)のメンバーシップにより、海上旅行業界に影響を与える問題に遅れないようにするという利点がある。フィリピンの海事業界が、それぞれの利益を保護するために積極的に参加できるようにしている。同社はグローバルネットワークへの接続性を重視し、インバウンドおよびアウトバウンドの企業ビジネスやレジャー旅行を含む市場を拡大させている。

ISO 9001:2008企業としての認証は、サービス提供において同社が国際品質基準を順守していることの証明である。トラベルスペシャリストによる24時間年中無休のサービスで旅行の予約のニーズがタイムリーに処理される。

出典:https://regenttravelph.com/regent-travel-about-us/

2GO Travel(ツーゴートラベル)

2GO Travelは、フィリピンで最大の海上旅行プロバイダーの1つであり、リーズナブルな価格のホテル宿泊施設、ツアー、そしてイベントパッケージの幅広い選択メニューを提供している。2GO Travelは、旅行業界において148年以上の歴史を組み合わせたSMとUdennaが所有する輸送ラインであり、海上旅行の基準とトレンドを設定する地域のリーダーとなっている。

同社は全国2,000以上の提携店舗に存在し、ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島の18の寄港地で営業しており、美食の不思議の国であるボラカイの太陽が降り注ぐビーチに行く場合でも、簡単、快適、経済的な旅行を提供してする国内最大のドメスティック旅行輸送ラインである。

また2GO Travelは、そのフリートを一流のツアーや宿泊施設、海の旅を可能な限り快適に過ごせるよう旅行者に提供している。企業規模:2012年設立、親会社は2GOグループである。グループの売上:214.10億PHP(2019年)、174.09億PHP(2020年)。

出典:https://travel.2go.com.ph/
www .2go .com .ph / sea-solutions /
travel .2go .com .ph / index .aspx

Golden Sky Travel and Tours (ゴールデンスカイトラベル&ツアーズ)

1997年3月に設立されたGolden Sky Travel and Toursは、フィリピンを拠点とする旅行代理店で、25年目を迎え、常に質の高いサービスと手頃なツアーパッケージを提供する主要なプレーヤーである。特にフィリピン諸島とその島内の再発見するため、予算、好み、要件に基づいて旅行パッケージをカスタマイズできる。主に国内に強みを持つが国内外の旅行サービスも行う。

同社は、国内外の旅行会社のサービスに取り組み、プレミアムキュレートされた旅行パッケージのワンストップショップが特徴である。市場をナビゲートする際に、最も実績のある旅行およびツアーパッケージのみを提供を行っている。また同社は、定期的に出張する専門家チームの下で運営されており、変化する業界において多様でダイナミックなものに対応している。

管理チームは1つの目標を持って運営されており、旅行ニーズに対応し、それによってクライアントにさまざまな視点の世界を作り出すことを目標としている。企業、レジャー、旅行、学生の露出旅行など、あらゆるタイプの市場に24時間年中無休でサービスを提供できる。企業規模:従業員25名前後。

出典:https://www.goldenskytravel.com.ph/about-us

Scorpio Travel & Tours (スコーピオトラベル&ツアーズ)

Scorpio Travel&Tours Incは、1977年に設立され、主にフィリピン国内の旅行手配を行っている旅行代理店である。また、国を行き来するグループや個人に包括的なサービスを提供しており、世界中の評判の良いサプライヤーとのパートナーシップを確立している。

同社は、グループと個人・企業のクライアントに対応している。競争力のある価格で完全なローカルおよび国際的な旅行も提供している。効率的でプロフェッショナルなサービスで知られるScorpioTravelは、フィリピンの旅行業界のダイナミックなメンバーである。

同社は、観光省(DOT)認定番号NCR-TTA-00116-2020、およびIATA TIDS番号96635000の完全に認可された機関であり、また、フィリピン旅行代理店協会(PTAA)、ケソン市旅行代理店協会( QCTAA)、Tourism Promotions Board(TPB)、Tourism Congress of the Philippines(TCP)に所属する。企業規模:従業員数25名以上

出典:https://www.scorpiotravel.com/about/

Tao Expeditions(タオ・エクスペディション)

Tao Expeditionsは、国内の旅行サービスに重点を置いている。Taoの意味は、タガログ語で「人間」を意味しており、特別な観光をツールとして、夢想家や冒険家に独自の世界を案内している。ローカルの自然豊かな場所の観光を推薦することで他社との差別化サービスを構築、例えばその旅行は古い漁船と島の家族のホームステイから始まり、離島の冒険などを提供する。

創業者は、2000年代半ばに、パラワンの離島で冒険好きな旅行者のためのキャスタウェイ体験のベンチャーを思いつき、群島の多くの村から「ロストボーイ」のチームを集めて、この種の最初の遠征会社を設立した。冒険は2000年代初頭に始まり、道路、電気、そしてインターネットが普及する前に島の家族との緊密な関係を組み合わせたプロジェクトをスタートした。

Taoは冒険専門のツアー会社として、冒険を望む旅行者をサポートしている。オーロラと呼ばれるバンカに乗って、200 kmに及ぶ離島の王国を探索し、家族のホームステイでホストされる漁村で過ごす。現在のパラワンは観光と開発のために開かれ、インターネットは冒険の物語を広め続け、生の旅行体験を提供が可能で独特の観光モデルの提供を行う。また、2GOとジョイントしている。

出典:https://www.taophilippines.com/、https://bit.ly/3ijvDmN

フィリピンの旅行業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要旅行会社3選〜日系企業編〜

H.I.S. PHILIPPINES TRAVEL CORP. (エイチアイエス・フィリピン)

H.I.S. PHILIPPINES TRAVEL CORP.は、HISが1980年に東京都新宿区西新宿の新宿オークタワーを拠点として、低コストのパッケージツアーを専門とする旅行代理店としてスタート後、世界中に557の支店を配置する一環として設立された。HISフィリピンは、マニラアヤラ駅近くにある。基本的にはオンラインサービスで完結する。

HISのサービスは、1980年に国際航空券の販売代理店から、海外出張、グループツアー、オリジナルのHISパッケージツアーの販売など、幅広い商品を提供する総合旅行会社にまで拡大した。業界のトップクラスのオペレーターを提供するHISは、顧客のニーズを満たすために、世界中のすべての航空会社と100万を超えるさまざまな種類の航空会社のチケットを扱っている。目的や好みに合わせてカスタマイズできるパッケージツアーを豊富に取り揃えている。(HISには年間150万人以上の顧客)

ワールドワイドネットワークとして、フィリピンから日本へのパッケージツアーの種類も豊富である。世界・アジア諸国へのツアーも提供している。グループ企業規模: 6060億円(2019年10月)7285.54億円( 2020年10月)5104.30億円( 2021年10月)社員数:14,380である。

出典:https://his.com.ph/about-us、https://bit.ly/3MYPMwD

JTB Asia Pacific Phil. Corp. (JTBアジアパシフィック・フィリピン)

JTBは1912年、わずか11名の従業員で創業し、現在は世界34の国と地域に拠点を持つ、アジアNo.1の旅行会社へと成長した。JTBグループのグローバルネットワークは、37カ国100都市以上、480以上の施設と、全世界で26,000人以上のグループ社員で構成されている。

JTBのオフィスは単なるランドオペレーターではなく、海外からの旅行者を送り出し、迎え入れる重要な拠点で、世界中のJTBは旅行業務のすべてを担っている。JTBのグローバルネットワークは、世界中に張り巡らされた独自のネットワークで、顧客が望むすべての旅行サービスを世界中で提供できる。

JTBグループ・JTBアジアパシフィックフィリピンは、株式会社JTBのグループ会社で、旅行業界においてグローバルなネットワークをの一部であり、本社グループの100年以上の歴史が培ったJTB企業文化を引き継いでいる。マニラ、セブに支社を持ち、。日本向け旅行パッケージをフィリピン人向けに数多く販売している。企業規模:グループ情報売上1兆2885.69億円(2020年3月期)、2021年3月期3721.12億円(2021年3月期)、従業員数:29,000人。

出典:http://ww.jtbphilippines.com

Discovery tour Incorp. (ディスカバリーツアー)

Discovery tour Incorpは、フィリピン国内を中心とした旅行サービスとして1979年に創業され、その後世界各国へそのサービス範囲を広げた。現在は特に、ヨーロッパ、ハワイ、カンボジアに精通にしている。国内旅行手配は基より航空券の発券は予約から15分で完了する。

また、フィリピンの観光査証延長(4030ペソ~)、9D更新(39000ペソ~)など、VISA延長に関する手続きは研修を受けたスタッフが応対している。AXA海外損害保険(東京海上等扱)の指定現地対応エージェントでもある。フィリピン国内では、マニラ、セブ、ダバオに支社を持つ。日本の有名観光地やテーマパークなどのツアーパックを数多く販売しているフィリピン及び日本人向けへの海外旅行サービスの総合旅行会社である。

企業規模:資本金1000万円、社員数75名 マニラには、29名(日本人4名・フィリピン人25名)、航空券予約発券・渡航査証・ガイド通訳サービス・ホテル予約・車両レンタルなど各種サービスを提供している。指定取引先 国際協力事業団(JICA)、FUJITSU、EPSON、大成建設等 日系企業多数ある。

出典:http://discoverytour.ph/about-us.html、https://bit.ly/3ucIFIc

フィリピンの旅行業界 業界地図はこちら!

フィリピンの主要旅行会社3選〜外資系企業編〜

TravelOnline(トラベルオンライン)

1994年に設立されたTravelOnlineは、20年以上にわたり、旅行者に個人的サービス、専門家としてアドバイス、最高のオンライン取引を提供している豪州系旅行サービス会社である。認可された旅行代理店として、オーストラリア、太平洋諸島、東南アジアで競争力のあるホリデーパッケージを提供している。

毎週何百ものホリデーパッケージを販売しており、フライト、送迎、ツアーを調整し、ニーズに合ったホテルを選ぶことができる。顧客は、世界中の目的地に旅行可能で代金も節約することが保証されている。代表的なパッケージには、フィジーのホリデーパッケージとバリのホリデーパッケージがあり、最も人気のあるパッケージの一部として、フライトや宿泊施設から、送迎、食事、ツアー、マッサージ、旅行保険などのオプションの追加料金まですべてが含まれている。

FaceBookファンページ140万人以上で、Youtubeで500以上の動画を配信している。企業規模:売上25.9百万ドル、従業員119人が所属する。

出典: https://www.travelonline.ph/about-us

Expedia(エクスペディア)

Expediaは、アジアで最も急速に成長しているオンライン旅行ポータルの1つであり、旅行者にホテル、アクティビティ、旅行サービスの幅広い選択肢を提供している。あらゆる種類のアクティビティを競争力のある料金によって顧客満足度を満たしている。アジアでは、最も急速に成長しているオンライン旅行ポータルサイトで、ツアーパッケージだけではなく航空券、ホテルなど単体での予約が可能である。

世界中の数十万を超えるホテルパートナーとウェブサイトで利用できるフライト在庫の包括的な提携により、旅行者に高度で便利な旅行サービスを提供するオンラインサービス会社である。

経営は、米国Expediaグループのシンガポール法人BEX Travel Asia Pteによって運営されている。BEX TravelはExpediaGroupの一部である。また同社は、シンガポールの旅行代理店法(Cap。334)に基づいてライセンス番号02420でライセンスを取得している。企業規模:ExpediaGroupの本社売上120億ドル(2019年)、総資本61億2900万米ドル(2019年)社員数24,500(2018年12月)

出典: https://www.expedia.com.ph/lp/b/about

Klook(ケールック)

Klookは、香港発祥で2014年に設立され、それ以来、KlookはAPACでの旅行やレジャーの体験に欠かせないオンラインアプリケーションとなった。同社は日本のソフトバンクなどを含め数社から、7億2000万米ドル以上の資金を調達し、何百万人ものユーザー体験に結び付けた。今日、ユーザーは、1,000以上の目的地で490,000以上の製品とサービスから選択することができる。

同社のプラットフォームが、体験や滞在からレンタカーや保険に至るまで、地元の取引や製品を含むサービスを提供したのは大きな成長要因である。旅行ツアーとアクティビティ予約プラットフォームのプロバイダーとして、アジアで厳選されたアクティビティやアトラクションまで提供する。フィリピンにおけるプレセンスは他国と同様にオンライン上の処理であるためにASEAN全域と同様のサービス、Klook のマニラ事務所は、タギグにあるが、問い合わせはオンラインで626-3888ネット上のメール。

企業情報従業員(2022年3月) 920名WEB訪問者数(2021年12月)1130万回、市場評価10億ドル以上2021年1月のKlookの最新の資金調達ラウンドは、2億ドル。

出典: https://craft.co/klook
https://www.crunchbase.com/organization/klook

フィリピンの旅行業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-hospital

    【最新版!】フィリピンの主要病院16選〜医療・介護業界〜

  2. 【最新版!】シンガポールの広告会社11選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  3. indonesia-tourism

    【日本人観光客を増やせるか】インドネシア旅行業界のトレンド

  4. 中国 顔認証

    【中国の顔認証】顔認証技術の活用シーンや主要メーカーの動向を解説

  5. malaysia-telecommunications

    【通信速度世界基準超え】マレーシアの携帯電話事業者業界

  6. philippines-accounting

    【改革への対応】フィリピンの会計事務所業界

  7. America metaverse

    【アメリカのメタバース】主要企業5選とメタバースビジネスを解説

  8. 【最新版!】インドネシアの主要携帯キャリア12選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker