【最新版!】タイの主要保険会社20選〜金融・法人サービス業界〜

thai-insurance

今回は、タイの主要保険会社に焦点を当て、ローカル・日系・外資系合わせて20社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

目次

タイの保険業界 業界地図はこちら!

タイの主要保険会社10選〜ローカル企業編〜

Muang Thai Life Assurance PCL. (ムアン・タイ・ライフ・アシュアランス)

1951年にタイ王室により認められた最初の生命保険会社。1998年に非生命保険を取り扱うMuang Thai Insurance PCL.を設立した。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。個人向け生命保険、健康保険、積立預金、投資型生命保険、投資信託、企業向け健康保険など幅広いサービスを取り扱っている。また、Muang Thai Smileという会員制サービスを行っており、同社サービスの利用でポイントが貯まる。ポイントは飲食店のクーポン、買い物クーポン、各種グッズ、旅行パッケージなどと引き換えが可能である。

2020年度の売上高は前年比7.2%減の93,588百万バーツ、純利益は前年比1.8%増の7,883百万バーツであった。

出典:https://www.muangthai.co.th/en

Thai Life Insurance PCL. (タイ・ライフ・インシュアランス)

1942年に創業した生命保険会社。2012年より公開株式会社(PLC.)となっている。生命保険、税金控除用積立型生命保険、健康保険、高齢者用保険、退職金積立保険、投資型生命保険、マイクロインシュアランス、オンライン保険など様々なサービスを取り扱う。支店はタイ全国に250か所が存在している。自社のオンラインプラットフォーム「iService」を展開し、利用者は保険の内容確認や保険金請求を行うことができる。また、「Digital Seller Website」上では、個人がDigital Agentsとしてオンラインでの販売代理店となることができるシステムも存在している。

2021年度の売上高は前年比2.0%増の109,663百万バーツ、純利益は前年比17%増の8,810百万バーツであった。

出典:https://www.thailife.com/?lang=en

Ocean Life Insurance PCL. (オーシャン・ライフ・インシュアランス)

1949年にThai Samut Panich Insurance Co., Ltd.として創業した生命保険会社。2012年より現在の社名へ変更、および公開株式会社(PLC.)となっている。生命保険、税金控除用積立型生命保険、健康保険、高齢者用保険、退職金積立保険、投資型生命保険、損害保険、年金保険などの保険を取り扱っている。サービスの利用者はOcean Clubという会員制サービスを利用でき、病院での健康診断パッケージや、レストランでの割引クーポン、ホテルの割引クーポンなどが入手可能。2008年より、日本の大手生命保険会社、第一生命保険と提携している。

2020年度の売上高は前年比0.4%増の18,894百万バーツ、純利益は前年比9.4%減の1,049百万バーツであった。

出典:https://www.ocean.co.th/en

Bangkok Life Assurance PCL. (バンコク・ライフ・アシュアランス)

1951年にSuksawasdi Life Assurance Co., Ltd.として創業。1979年より現在の社名となり、2009年よりタイ証券取引所SETに上場している。タイの大手銀行、Bangkok Bank PCL.の傘下であり、同社が7.6%の株式シェアを所有している。生命保険、税金控除用積立型生命保険、健康保険、高齢者用保険、退職金積立保険、投資型生命保険、教育ローン、損害保険などの個人向けサービスに加え、法人向けの不動産ローンも展開する。拠点は本社含め65か所が存在する。オンラインでの保険申し込みにも対応している。

2021年度の売上高は前年比1.7%増の48,169百万バーツ、純利益は前年比99%増の3,196百万バーツであった。

出典:https://www.bangkoklife.com/en

The Viriyah Insurance PCL. (ザ・ウィリヤ・インシュアランス)

1947年にAsiatic Distributing Co., Ltd.として創業した損害保険会社。1979年より現在の社名となり、2012年に公開株式会社(PLC.)となっている。自動車保険、火災保険、傷害保険、法人向け火災保険、海上保険、金融保険など、様々な保険商品を取り扱っている。タイの損害保険業界では29年に渡り業界シェア1位を維持している。支店はタイ全国に140か所存在するほか、533か所の提携病院、586か所の同社が認定した自動車修理業者にて顧客へのサービスを展開している。

2020年度の売上高は前年比5.2%減の37,775百万バーツ、純利益は前年比38%減の808百万バーツであった。

出典:https://www.viriyah.co.th/en/content.php?id=20

タイの保険業界 業界地図はこちら!

Dhipaya Insurance PCL. (ディパヤ・インシュアランス)

1951年に創業した損害保険会社。1996年よりタイ証券取引所SETに上場している。タイ石油公社(PTT)、政府貯蓄銀行(GSB)、クルンタイ銀行(KTB)などが多くの株式シェアを所有する政府系の企業である。自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険、旅行保険などに加え、イスラム教徒向けの保険、ペット保険、自転車保険、サイバーセキュリティー保険といった商品も取り扱っている。オンラインアプリケーションが充実しており、保険申し込みができるTIP Insure、保険金請求が可能なTIP Flash Claim、同社のサービスに利用可能なコインを管理するTIP Coinという3つのアプリを展開する。

2021年度の売上高は前年比6.9%増の13,614百万バーツ、純利益は前年比11%減の1,843百万バーツであった。

出典:https://www.dhipaya.co.th/en

Bangkok insurance PCL. (バンコク・インシュアランス)

1947年にAsia Insurance Co., Ltd.として創業。1964年に現在の社名となり、1978年よりタイ証券取引所SETに上場している。タイの大手銀行、Bangkok Bank PCL.が筆頭株主となっているほか、日本の証券大手の野村証券や損保大手のあいおいニッセイ同和損保も株式シェアを所有している。自動車保険、火災保険、傷害保険、旅行保険、海上保険、金融保険、第三者賠償責任保険、信用保険などの保険商品を取り扱っている。同社のアプリケーション、BKI iCareでサービスを利用可能。

2021年度の売上高は前年比3.4%増の18,446百万バーツ、純利益は前年比61%減の1,056百万バーツであった。

出典:https://www.bangkokinsurance.com/en

Muang Thai Insurance PCL. (ムアン・タイ・インシュアランス)

1932年に前身のPhatra Insurance Public Co., Ltd.として設立。2008年にMuang Thai Insurance PCL.と合併し、タイ証券取引所SETに上場した。自動車保険、火災保険、傷害保険、旅行保険、海上保険、金融保険に加え、自動車盗難保険、オンラインショッピング保険、ペット保険、自転車保険、ゴルフ保険などの商品も取り扱っている。タイ全国に支店、提携自動車修理業者、提携病院が存在し顧客のサポートをしているほか、オンラインでの問い合わせも受け付けている。

2021年度の売上高は前年比3.9%増の10,279百万バーツ、純利益は前年比30%増の767百万バーツであった。

出典:https://www.muangthaiinsurance.com/en/home

Syn Mun Kong Insurance PCL. (シン・マン・コン・インシュアランス)

1951年にBan Hong Seng Insurance Co., Ltd.として創業。1991年よりタイ証券取引所SETに上場している。自動車保険、火災保険、傷害保険、旅行保険、健康保険、がん保険などに加え、マイクロインシュアランスも取り扱っている。支店はタイ全国に160か所以上が存在する。提携自動車修理業者、提携病院も全国に存在し顧客のサポートをしている。かつて合弁会社として出資したイギリスのRoyal Insurance Plc.は合併を経て現在では世界有数の保険会社RSA Insurance Groupとなっている。

2021年度の売上高は前年比4.7%増の10,899百万バーツ、純損益は4,574百万バーツの赤字であった。

出典:https://www.smk.co.th/

Thanachart Insurance PCL. (タナチャート・インシュアランス)

1997年に設立された損害保険会社。タイ証券取引所SET上場の持ち株会社Thanachart Captital PCL.および大手銀行TMBTanachart Bank PCL.の傘下である。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。自動車保険、傷害保険、健康保険、がん保険などを取り扱っているほか、マイクロインシュアランスにも対応している。同社の保険に応じた税金控除のサポートも行う。タイ全国に支店、提携自動車修理業者、提携病院が存在することに加え、オンラインでの保険金請求にも対応している。

2020年度の売上高は前年比6.7%減の7,824百万バーツ、純利益は前年比49%減の745百万バーツであった。

出典:https://www.thanachartinsurance.co.th/home_en.aspx

タイの保険業界 業界地図はこちら!

タイの主要保険会社3選〜日系企業編〜

Tokio Marine Safety Insurance (Thailand) PCL. (トーキョー・マリン・セーフティ・インシュアランス・タイランド)

日系の大手損害保険会社、東京海上日動火災保険のタイ拠点。タイでは1961年に設立され、2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。2020年にTokio Marine Life Insurance (Thailand) PCL.と統合された。火災保険、賠償責任保険、貨物保険、工事保険などの法人向け保険に加えて、個人向けの自動車保険、傷害保険、旅行保険などを取り扱う。また、グループ会社の生命保険会社Tokio Marine Life Insurance (Thailand) PCL.を2002年に設立し、タイでの日系唯一の生命保険会社として、800社以上の企業に団体医療保険を提供している。

2020年度の売上高は14,984百万バーツ、純利益は1,344百万バーツであった。

出典:https://www.tokiomarine.com/th/en-general/home/discover.html

MSIG Insurance (Thailand) PCL. (エムエスアイジー・インシュアランス・タイランド)

日系の大手損害保険会社、三井住友海上火災保険のタイ拠点。タイでは前身も含め120年もの歴史を持つ。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険、旅行保険、健康保険、信用保険、ゴルフ保険などを取り扱っている。タイ国内には12の支店とサービスセンターを持ち、日本人や日系会社、タイ人やタイ系会社だけでなく、様々な国籍の顧客のサポートを行っている。オンラインでの保険申し込みおよび保険金請求にも対応している。また、タイには三井住友海上本社のタイオフィスや保険選びのサポートを行うMBTS Broking Services Co., Ltd.などのグループ会社も存在する。

2020年度の売上高は前年比8.7%減の3,302百万バーツ、純利益は前年比62%増の204百万バーツであった。

出典:https://www.msig-thai.com/en

Aioi Bangkok Insurance PCL. (アイオイ・バンコク・インシュアランス)

日系の大手損害保険会社、あいおいニッセイ同和損害保険のタイ拠点。前身の企業が1951年に創業し、同社は2005年より資本参加している。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険、旅行保険、健康保険を取り扱う。タイ全国の提携自動車修理業者、提携病院で顧客のサポートを行っているほか、オンラインでの保険内容の確認、保険金請求にも対応している。同社の世界20か国、49拠点におよぶネットワークを活かし、質の高いサービスを提供している。

2012年。2020年度の売上高は前年比14%減の2,590百万バーツ、純利益は前年比5.2倍の196百万バーツであった。

出典:https://www.aioibkkins.co.th/Home/Index

タイの保険業界 業界地図はこちら!

タイの主要保険会社7選〜外資系企業編〜

Krungthai-AXA Life Insurance PCL. (クルンタイ-アクサ・ライフ・インシュアランス)

タイの大手銀行、Krungthai Bank PCL.とフランスの大手生命保険会社、AXA Groupの合弁会社として1997年に設立された。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。生命保険、税金控除用積立型生命保険、健康保険、退職金積立保険、投資型生命保険、教育ローンなどの個人向けサービス、法人向けの団体健康保険などを取り扱っている。モバイルアプリケーション“Emma by AXA”を展開し、同アプリ上では保険内容の確認、保険料支払いに加えて、医者への相談も可能となっている。

2012年。2020年度の売上高は前年比6.1%減の64,920百万バーツ、純利益は前年比8.7%減の1,718百万バーツであった。

出典: https://www.krungthai-axa.co.th/en/

Allianz Ayudhya Capital PCL. (アリアンツ・アユタヤ・キャピタル)

ドイツの大手保険会社、Allianz Groupのタイ拠点。タイでは1951年に設立された。1987年よりタイ証券取引所SETに上場している。グループ会社のAllianz Ayudhya Assurance PCL.にて生命保険を、Allianz Ayudhya General Insurance PCL.にて自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険、旅行保険などの非生命保険を提供する。タイでは27の支店とサービスセンターを展開し、1,400人以上の従業員を擁する。代理店も200以上が存在する。

2021年度の売上高は前年比1.5%増の5,673百万バーツ、純利益は前年比95%増の1,230百万バーツであった。

出典: https://www.ayud.co.th/en/home-2/#pll_switcher

AIA Thailand (エーアイエー・タイランド)

香港の大手保険会社、AIA Groupのタイ拠点。タイでは1938年に設立された。生命保険、税金控除用積立型生命保険、健康保険、高齢者用保険、退職金積立保険、投資型生命保険、年金保険などを取り扱っている。タイの生命保険の3分の1以上のシェアを持ち、代理店は5万以上にのぼる。顧客数は527万人以上で、契約数は812万件以上である。”iPoS+”や”AIA iService”といったアプリケーションを展開し、素早く広範囲なカスタマーサービスを提供している。

2020年度の売上高は前年比11%減の153,323百万バーツ、純利益は前年比46%減の13,567百万バーツであった。

出典: https://www.aia.co.th/th/index.html

タイの保険業界 業界地図はこちら!

FWD Insurance PCL. (エフダブリューディー・インシュアランス)

2013年に香港系の投資会社Pacific Century Group (PCG)がオランダ系の保険会社ING Groupの保険・年金部門を買収し、FWD Groupとして設立された。2019年にはタイ大手銀行Siam Commercial Bank (SCB)の生命保険部門SCB Life Assuranceを買収、また2020年にはイギリス系の金融会社Prudentialにタイでのバンカシュアランス契約を譲渡するなど事業再編の歴史がある。生命保険、貯蓄型保険、年金保険、投資型保険、がん保険、傷害保険などの個人向け保険に加えて法人向けの団体健康保険も取り扱っている。タイでの提携病院・クリニックは400か所以上で、同社の保険に加入していれば先払いなしで治療を受けることができる。

2020年度の売上高は22,970百万バーツ、純利益は593百万バーツであった。

出典: https://www.fwd.co.th/en/

Prudential Life Assurance (Thailand) PCL. (プルデンシャル・ライフ・アシュアランス・タイランド)

イギリス系の金融会社Prudentialのタイ拠点。タイでは1995年に設立された。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。生命保険、貯蓄型保険、年金保険、投資型保険、がん保険、傷害保険などの個人向け保険、および法人向けの団体健康保険も取り扱っている。タイでは936人の従業員、1,878の代理店を持つ。また、2つのバンカシュアランスパートナー、計598か所の支店で約190万人の契約者のサポートを行っている。タイ国内に400か所以上の提携病院が存在し、同社の保険証”PRUmedicareカード”または”PRU PAカード”を提示すれは、外来・入院での治療を受けることが可能である。

2020年度の売上高は前年比4.8%減の26,850百万バーツ、純利益は前年比94%減の166百万バーツであった。

出典: https://www.prudential.co.th/corp/prudential-th/en/

LMG Insurance PCL. (エルエムジー・インシュアランス)

1975年にNarai International Insurance Co. Ltd.として創業。2004年にアメリカ系の損害保険会社Liberty Mutual Groupの傘下となり、現在の社名となった。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。自動車保険、健康保険、傷害保険、火災保険、旅行保険、がん保険などの商品を取り扱う。タイでは50か所の支店が存在する。100年以上の歴史を持ち、現在では世界29か国で事業を展開するLiberty Mutual Groupの一員として、信頼性の高いサービスを顧客に提供している。

2020年度の売上高は前年比19%増の7,958百万バーツ、純利益は前年比18倍の441百万バーツであった。

出典: https://classic.set.or.th/set/factsheet.do?symbol=AYUD&ssoPageId=3&language=en&country=US

Chubb Samaggi Insurance PCL. (チャブ・サーマッキ・インシュアランス)

アメリカ系の損害保険会社、Chubbのタイ拠点。2012年より公開株式会社(PLC: Public Company Limited)となっている。自動車保険、傷害保険、火災保険、旅行保険などの個人向け保険商品、賠償責任保険や海上保険、サイバー保険などの法人向け保険商品などを取り扱っている。タイでの提携自動車修理業者は全国に1,100か所以上、提携病院は300か所以上が存在する。2001年には生命保険部門Chubb Life Assurance PCL.を設立し、生命保険、健康保険、年金保険、貯蓄型保険、教育ローンなどのサービスを提供している。

2020年度の売上高は前年比0.4%増の9,410百万バーツ、純利益は前年比78%増の1,043百万バーツであった。

出典: https://www.chubb.com/th-en/

タイの保険業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-insurance

    【最新版!】フィリピンの主要保険会社13選〜金融・法人サービス業界〜

  2. singapore-stock

    【外資系企業を魅了する】シンガポールの証券業界

  3. thai-accounting

    【ブロックチェーン技術】タイの会計事務所業界

  4. indonesia-securities

    【最新版!】インドネシアの主要証券会社12選〜金融・法人サービス業界〜

  5. philippines-law-firm

    【優秀な弁護士の台頭】フィリピンの法律事務所業界

  6. Singapore-accounting

    【最新版!】シンガポールの主要会計事務所12選〜金融・法人サービス〜

  7. thailand human resource

    【最新版!】タイの主要人材サービス企業16選〜金融・法人サービス業界〜

  8. indonesia-law-firm

    【最新版!】インドネシアの主要法律事務所12選〜金融・法人サービス業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-private-banker
  4. Indonesia-motorbike
  5. singapore-pharmacy